次の心地良さに向かおう!

愛知県陶磁美術館にて

「次の心地良さに向かおう!」
『自分ができることを一生懸命にやった後は心地良い疲れを味わえる。
さあ、次の心地好さに向かってまた、歩き出そう!』
こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
何かを一生懸命にやった後は、心も身体も疲れると思います。
自分のできることを一生懸命やったのであれば、心地良い疲れと感じるだろうし、
仕方なく取り組んだことであれば、ドッと疲れたと感じるのだと思います。
同じように心や身体を使っていくのであれば、心地良く使いたいですよね。
心地良い疲れなら「また、次も頑張ろう!」とか「次の心地良さに向かって歩いていこう!」と感じられると思います。
私は…コンサートの後は、やはり疲れたと感じます。
毎回、約90分の間、全力で歌とお喋りをするのですから、やはり、疲れたと感じます。
でも、大好きなことをやり、皆さんの笑顔を見られることで「やってよかった!」「疲れたけど心地良いなぁ~」といつも思うのです。
そして、「次のコンサートも楽しく頑張ろう!」という気持ちが湧き上がってきます。
歌ったり喋ったりすることは、大好きなことだから心地良くなるのは、当然といえば、当然かもしれません。
逆に、私のとても苦手なこと…例えば、計算をたくさんしなければならないような時は、「できた!はい、次!」と一つ一つ確認して、小さな達成感を積み重ねるようにしています。
そうすると、「できた!できた!」が増えて、なんだか楽しくなり心地良い疲れを感じられます。
どんなことでもやるのであれば、心地良い疲れを感じられるような、工夫ができると良いと思います。
「苦手だな~。嫌だな~。」と思っていると、なかなか作業が進まないし、心も疲弊していくと思います。
やらなければいけない事は、得意なことばかりではないと思いますが、それでもやらなければいけないのであれば、「やってよかった」と感じられるような取り組み方をしたいと思っています。
苦手なことをクリアできれば、それだけでも心が楽しくなると思います。
office ヒロセは、心地良く動くことを心がけています。
?Gg[???ubN}[N??