心に沿う動きをしよう!

アンチエイジングのリップを見つけた

「心に沿う動きをしよう!」
『心地好く疲れて、心地好く笑みがこぼれる。
心に沿う動きは、素敵で楽しい。』

こんにちは。officeヒロセ代表の広瀬まりです。
何かを一生懸命やった後は、やっぱり疲れると思います。
疲れ方にもいろいろあって、どっと倒れこむほど疲れてしまったり、心がモヤモヤしてすっきりしない状態だったり、逆に、心地よく疲れてその疲れすら楽しいと感じることもあると思います。
感じ方の違いは何から起こるのでしょうか…

多分、どっと疲れる時は、「本当はやりたくなかった」とか「自分の思いと違いすぎてやりにくい」と感じているのだと思います。
心地よく疲れる時は、心が望んでいる事を選んでいるのだと思います。
同じ疲れを感じるのであれば、心地よい疲れを感じたいですよね。

そのためには、自分がやりたいことをはっきりさせる、やりたくない事はやりたくないとしっかり伝えることが大切だと思います。
やりたいことが、今一歩はっきりしないという人もいらっしゃるかもしれません。
その時は、直感を信じれば良いと思います。
例えば、話を聞いて「面白そうだな。やってみたいな。」と思ったら取りかかれば良いと思います。
反対に「この話、どうなのかなぁ」と感じたり、「あまり楽しそうじゃないなぁ」と感じるものであれば、お断りするのも良いと思います。

最初に自分の心を隠して物事に当たると、ボタンを掛け違えた時ように、最後まで違和感を感じたまま終わってしまいます。
違和感を感じるだけならまだ良いのですが、それが大きな失敗につながる事もあると思います。

失敗が悪いわけではありません。
納得した上で取り組んだものであれば、失敗も学びと受け止めることができますが、最初にボタンを掛け違えていると、その失敗を飲み込むことが難しくなってしまいます。
どんなことでも、最初にきちんと自分の心に向き合い、心に沿った動きを心がけ、
心地よい疲れを次への原動力に出来ると良いですね。

office ヒロセは、心地よい疲れを感じられるように一つ一つ丁寧に向き合っています。
?Gg[???ubN}[N??