顔を見て話をしよう!

コンサートのオフショット

撮影者 中野耕司

「顔を見て話をしよう!」
『対面して話をするのは楽しい!
言葉にならない想いにも触れて、同調したり、反論したり…
この楽しい時間は、新しい自分に出会えるチャンス!』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
相手の目を見て話をする機会を大切にしていますか。
メールやLINEのように、文字で連絡を取り合うのも便利で良いと思います。
それでも、何かを深く話したいと思ったら、対面してお互いの目と目を見ながら話し合うことも大切だと思います。

顔見ながら話すと、言葉にならない想いにも触れることができると思います。
言葉になる想いと言葉にならない想いの両方に触れ、それに同調したり、時には、反論することもあると思います。
それでも、表情を見ながら議論することで、誤解を招く事は少ないと思います。
言葉では肯定していても、顔が少し曇っていれば、本当はあまり賛成をしていないのではないかなと想像することができます。
想像することで、相手の気持ちのより深いところに触れられるかもしれません。
それは、顔を見て話をするメリットだと思います。

私は、どんなに便利になっても、顔を見ながら話をすることを大切にしたいと思っています。
顔を見ながら話をしているうちに、相手の想いや熱意に心が動き、自分の考え方が変わっていくことがあります。
違った視点からの意見を聞くことで、今までになかった発想に気づくこともあるのです。
それは、新しい自分との出会いなのです。

自分が知らなかった自分との出会いは、新しい扉を開いて、新しい感覚で物事に取り組むチャンスだと思います。
顔を見て話すのは面倒!電話でも良いし、文字情報のやり取りでも良いと思われる人も多いかもしれません。
確かに、電話でも文字情報のやり取りでも、自分の想いは伝えられると思います。
それでも、言葉が持つ熱や強さといったものは、顔見ながら話すことで、より強く伝わると思います。

顔を見て話すことで、自分の想いをしっかり伝え、相手に伝えられた想いをしっかり受け止められると良いと思います。
そして、時には新しい自分を発見できると良いですね。

office ヒロセは、顔を見て話しをする時間を大切にしています。
?Gg[???ubN}[N??