構えすぎないでね!

誕生祭 20190202

撮影者 中野耕司

「構えすぎないでね!」
『やり始めれば、難なくできるはずなのに、二の足を踏んでしまう。
構え過ぎないで、ゆるく始めれば良いんだよ。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
やり始めれば、難なくできるはずなのに、二の足を踏んでしまうことってありますよね。
そんな時はきっと難しく考えすぎて、心構えを持ちすぎているのだと思います。
難しく考えずにゆるく始めれば、きっと、何でも楽しくできるのだと思います。

「これをやりたいけど、難しいのかな?できるのかなぁ」「できないかもしれない」と難しく考えて否定的になると、脳が「そうか。難しいからできなくても良いんだね。」と思ってしまうのです。
難しいと思う気持ちはちょっと横に置いておいて、「きっとできる!できる!」とやり始めちゃうのです。
「できるのだろう」と、脳を騙してあげれば良いです。
それには、言葉がとても大切です。
否定的な言葉を、発した時は、最後に「今はね!」とつけると脳が騙されて「今はできないけど、できるようになる」と肯定的になり、スムーズに進められるようになるのです。

私がゆる~く始めるのは、編み物です。
手芸用品のお店に行って、かわいい毛糸があると、つい、それを買って何かを作りたくなるのです。
と言って、編み物が得意なわけではないので、ゆる~く「何を作ろうかな…」と考えます。
結局、マフラーやひざ掛けなど四角いものに落ち着くのですが、時々「ちょっと変わった編み方にしようかな」と挑戦してみるのです。
ゆるく始めてはいますが、作っていると楽しくなります。
一つの作品ができると、満足してしまってそこで終わり!
そして、また次のシーズンに毛糸を見つけて初めてしまう、そんなことの繰り返しです

でも、それが楽しいのであれば、ドンドンやってみれば良いと思っています。
その中に、極めていく何かがあっても良いし、ゆるく始めてゆるく終わって、またそれを繰り返すそんなことがあっても良いと思います。
誰に迷惑をかけるわけではないから、どんなことでも、二の足を踏まず、ゆるく挑戦できるといいですね。

office ヒロセのスタッフは、肩の力を抜いて何にでも挑戦することを心がけています
?Gg[???ubN}[N??