ホッとする時間を持とう!

come to ku ガレージセールにて

「ホッとする時間を持とう!
『気が緩むと、ツツーと涙が頬を伝うこともある。
緊張して身を硬くしていては、心も動かない。
積極的にホッとする時間を持とう!』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
仕事に行ったり学校に行ったり、やらなければいけないことをやる時は、緊張して身が硬くなってしまうと思います。
身を硬くしていては、心も硬くなり動かなくなってしまいます。
そんな状態を続けるのは、体にも心にもよくないですよね。

積極的にホッとする時間を作り、気持ちが緩んでくると、知らない間に涙が溢れてくることもあります。
堪えていた感情が、堰を切って溢れ出すのです。
人知れずのうれし涙だったり、悲しい涙、悔しい涙かもしれません。
いずれにしても、涙が流れ、感情が溢れ出すことは、心の健康にとって良いことなのです。
恥ずかしがらずに、涙を流せば良いのです。

積極的にホッとできる、一番早い方法は、息をゆっくり深く吐く方法だと思います。
緊張している時は、浅くて早い呼吸をしていると思います。
その呼吸法だと、活動の神経が活発になって緊張が取れないのです。
ですから、緊張を解きほぐすためには、ゆっくり長い息を吐いてみると良いと思います。
吐き切るイメージで、深く息を吐くと、自然に深い息を吸うことができます。
緊張している時は、吸うより、吐く方に意識を向けると良いのです。

現代に生きる私たちは、日々の緊張度が高くなっているので、積極的に気を緩める時間を作ることが大切です。
自分にとって効果的な気の緩ませ方を見つけることも大切です。
私の場合は、物づくりが好きなので布で何かを作ったり、小さなブロックで何かを作ってみたり、もちろん歌を口ずさむことでホッとする時間もあります。
日々の緊張度の高い生活も大切ですが、緩めることをしないとやはり疲弊してしまいます。
緩急をつけた生活リズムを身に付けることで、自分の心と体の健康を保てると良いですね。

office ヒロセは、緊張とリラックスのバランスに気をつけ、ホッとする時間を作る ことを心がけています
?Gg[???ubN}[N??