時間の不思議を楽しもう!

2019 誕生祭 広瀬まりオフショット

撮影者 中野耕司

「時間の不思議を楽しもう!」
『時間の感覚は面白い。
楽しい時間はあっという間に過ぎる。
退屈な時間はジリジリとなかなか進まない。
どちらの時間も楽しめばいい。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
時間の感覚は不思議ですよね。
楽しい時間は、あっという間に過ぎるのに、退屈な時間はジリジリとなかなか進まないものです。
こんな時間の感覚の不思議さも、楽しんでしまえばいいと思います。

楽しい時間は何も考えなくても楽しく過ぎると思いますが、問題は退屈な時間です。
そもそも、退屈な時間と言うのはどんな時間なのでしょうか?
私が考える退屈な時間と言うのは、自分の意志に関係なく、その場にいなければいけない時間、自分の判断で動くことができない時間だと思います。
そんな状況をどう楽しむのか…

私の場合は…
その状況でやらなければいけないことの目標を立て、それを遂行することを楽しむことを心がけます。
以前行ったアルバイト先は、同じ動きを繰り返す仕事で、少し飽きてしまう仕事でした。
その時は、一定の時間で「どのくらい同じ動きできるのか」というゲームのように考えて動いてみました。
そうすると、どんどん、面白くなって、その結果、今までで一番効率よく仕事ができていたとお褒めの言葉をいただきました。
退屈で飽きていた時間が、とても面白い時間に変わったのです。

ある時は、お客様をお待ちする状況だったので、周りを見ながら妄想族なって、いろいろな想像の世界で遊んでいました。
心の中は誰にも見られませんから、心の中で歌ったり、好きな詩を思い出したりすることもあります。

大切なのは、「退屈な時間は退屈なのだ」と決めつけず、その中に楽しみを見つける努力をすることだと思います。
その努力も含めて、全てを楽しめると良いですね。

office ヒロセは、どんな時も楽しみを見つけられるよう心がけています。
?Gg[???ubN}[N??