声に出して伝えよう!

come to kuにて

「声に出して伝えよう!」
『声に出して伝えよう。
心の中に溜め込むよりは、声に出して伝えよう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
自分が考えていること、思っていることは、声に出して伝えれば良いと思います。
「どうして分からないの?」「そのくらい察してよ!」なんて思っていませんか?
周りにいるのは、魔法使いじゃないのですから、黙っているだけで全てを分かることなんてできるわけはありません。
伝えたいことは、しっかり口に出しましょう。

でも、相手に対して、変えて欲しいことや反対意見を伝える時は、言葉とタイミングに気をつけましょうね。
特に気をつけたいのは、一番身近にいる家族に対してです。
近くにいるからこそ、「こんなことくらい言わなくても分かるでしょ!」と思いがちです。
心の底にそんな気持ちがあると、伝える言葉が嫌味っぽくなってしまいます。
それが喧嘩の元になりかねません。

喧嘩になれば、さらにヒートアップして、「結局何が伝えたかったのかを忘れてしまう」なんてことになるかもしれません。
そうならないように、心の底の気持ちは、「分かるように伝えよう」に変えておくと良いと思います。

でもね~
ついつい、勢いで言っちゃうんですよね~
そうです。
勢いで言っちゃっうことができるのも、身近な家族だからです。
もし、勢いで伝えてしまって「失敗した~」と思ったら、意地を張らずに謝りましょう。

謝ることこそ、気持ちを伝えるもっとも大切なことだと思います。
不満や反対意見は、伝えやすいのです。
自分の考えをまとめて、口に出せば良いのですから。
でも、謝るということは、自分の非を認めて、その上で言葉を口にしなければいけないのです。

非を認めるのは、ちょっとだけ勇気が必要です。
非があった時には謝るという、ちょっとだけの勇気を忘れることなく、自分の考えを伝えるように心掛ければ、どんな場面でも、しっかりと考えが伝えられると思います。

心の中に気持ちを溜め込んでモヤモヤするより、どんな時でも、きちんと伝えて分かり合えると良いですね。

office ヒロセは、謝る勇気を忘れることなく、思いを伝え続けます。
?Gg[???ubN}[N??