マイナスの思い込みは可能性を奪う!

広瀬まりと仲間たちコンサートより

撮影者 中野耕司

「マイナスの思い込みは可能性を奪う!」
『思い込みで、自分を縛るのはやめよう。
自分はこんな人だと決めたら、可能性を奪ってしまう。
それに気付いたら、思い込みを捨てよう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
人には、思い込む才能があります。
プラスの思い込みは、能力以上の力を引き出してくれます。
「自分は、できるんだ。」と思い込めば、脳が「できるんだ」と思い込んで、普段より力を発揮することも可能なのです。
反対に、「これはできない。」と思い込んでいると、脳は「できなくてよいんだ」と思い込んで、本当にできなくなってしまいます。

私は、レッスンをする時に、「できない」と言わないでくださいとお願いします。
そして、もし、言ってしまった時には、「今はね」と付け加えてくださいともお願いします。
今、この瞬間にはできなくても、次の瞬間にできるようになるかもしれない、その可能性を自分で潰してしまうことはないのですから…
時間を割いて、何かに挑戦するのなら、「できるんだ」と強く思い込んだ方が良いのです。

もう一つ、グループレッスンや講座の時には「うまくできた人は手を挙げてください。」と聞いてみます。
なかなか、さっと手を挙げる人はいらっしゃらないのですが、「自分ができたと思ったら手を挙げてくださいね。できた!と思う気持ちが大事ですよ~」と伝えると、笑顔で手を挙げる方が増えます。
手を挙げてからは、よりステキな声、べっぴんヴォイス出てくるのです。
できた!という思い込みの力は凄いのですよね。

大人も子供も、誰だって、できた!という気持ちは嬉しいものです。
嬉しい気持ちを積み重ねて、思いっきりプラスの思い込みで、動けば良いと思います。
マイナスの思い込みで、自分を縛ったり、自分のできる範囲を決めてしまうことはないのです。
「自分はこんな人なのだ」と決めつけず、自分の可能性に期待する自分でありたいですね。

office ヒロセのスタッフは、マイナスの思い込みは捨て、自分の可能性に期待する自分を大切にしています。
?Gg[???ubN}[N??