できるようになるということは…

動画撮影中の広瀬まり

『できるようになるということは…」
「何かをできるようにしようと、繰り返しやってみる。
繰り返し、繰り返し…
できるようになるということは、身体が覚えるまでやるということ。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
何かに挑戦し、できるようになりたいと思ったら、、当然、繰り返しの練習が必要になります。
繰り返し練習することで、形を覚えて、意識しなくてもできるようにする、つまり、身体が覚える状態にしなければいけません。

形を覚えるのは、そんなに難しいことではないと感じるかもしれません。
教えられた通りに、それを再現するのですから、先生の動きを見て、教えてもらったことを注意深く再現すれば良いのです。
「これをこうして」「これはこうやって」と意識しながら一つ一つの動き、やり方を進めていきますよね。
それは、まだ「覚えた」という段階で、それを繰り返し練習して、当たり前のように動けるようになることを「できた」というのだと思います。

サークル等でレッスンをしていると、ある日、「あれ?みんなができるようになってる」と感じることがあります。
1度、2度のレッスンではできなくても、少しずつでも続けていくうちに、自然に感情豊かで伸びやかな声が出せるようになっていくのです。
繰り返し練習をして、一つの「できた」を感じれば、次の「できた」を感じて見たくなるものです。

生徒さんの中には、「歌は苦手。人前でなんて歌えない」言われる方もあります。
その方も、少し時間かかりましたが「歌が好きだ楽しい」と言ってくださるまでになりました。
「最初は、お腹を気をつけ、喉の開きを気をつけ…といろいろなことを考えていたけれど、今は楽しく自然に歌える」と言ってくださいました。
その方を見ていると、できるようになるというのは、こういう事なんだなと、改めて、教えていただいた気がしました。

何かができるようになりたいと思ったら、繰り返し練習をして、自然にできる、身体が覚えるまでやり続けられると良いですね。

office ヒロセのスタッフは、諦めずに、できるまで挑戦し続けています。
?Gg[???ubN}[N??