自分のルールを決めよう!

come to ku音楽会にて

「自分のルールを決めよう!」
『自分ルールを決めておこう。
自分のルールを決めたら、動きやすくなる。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
世の中には、様々なルールがあります。
憲法や法律といった公のルール、学校やコミュニティなどのルール、それぞの家庭にもルールがあると思います。
それぞれのルールを守ることで、物事が円滑に進んでいくのは確かなことです。

だとすれば、自分の中にもルールを作っておけば、動きやすくなると思います。
ルールを作る!なんて言うと大げさに聞こえますが、「譲れないライン」を決めれば良いのです。
それがあれば、毎回、一から悩まなくてもよくなります。
「譲れないライン」は、人それぞれですから、誰に遠慮することなく決められます。
でも、それに縛られて「そこから外れたことは全て排除する」というのも違います。
そんなことをしていては、自分勝手な暴君のようになってしまいます。

「譲れないライン」は、自分の中のだけのルールですから、周りとのすり合わせは必要です。
すり合わせをする時に、自分の「譲れないライン」と相手の「譲れないライン」を出し合って、「譲れないライン」の譲り合いをするのです。
とてもおかしな言い方ですが、「譲れないライン」があるから譲り合えるのです。
言い換えれば、お互いが持つルールの良い所を出し合って、新しいルールで動き出すということです。
それが上手くできれば、お互いが納得して、スムーズに動くことができます。

私の小さいけれど大切な「譲れないライン」は、『歌詞カードは、必ず、手書きにする』ことです。
コンサートや講座で使う歌詞カードは、全て手書きにしています。
それは、手書きの文字から、曲の雰囲気が伝わって来るような気がするからです。
もちろん、私の個人的なルールですから、活字の方が良いと言われる場面では、活字を使っています。

「譲れないライン」という自分のルールを決め、それを譲り合うことで、楽しく動き出せると良いですね。

office ヒロセは、譲れないラインを決め、譲り合うよう心がけています。
?Gg[???ubN}[N??