季節を感じよう!

土用の丑は鰻

「季節を感じよう!」
『季節が移っていく、風も空も花も木も忘れずに移り変わる。
野菜や果物、行事や祭りに季節を感じて楽しもう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
毎年、季節は忘れずに移り変わって行きます。
異常気象だと言われても、やっぱり、季節はちゃんと訪れます。
人は、気温が上がれば「暑い!暑い!涼しくなって欲しい。」と言い、気温が下がれば「寒い!寒い!暖かくなって欲しい。」と言ってしまいがちです。

でも、季節が無くなってしまっては、楽しみが減ってしまいます。
春には春の、夏には夏の、秋には秋の、冬には冬の花が咲き、風が吹き、旬の食べ物が食卓に並び、時々の行事や祭りに笑顔がこぼれます。
行事や祭りは、継承していくことが難しい面もあるので、難しいかもしれませんが、せめて、食べ物の旬を楽しみたいですね。

季節ごとに収穫できる野菜は、季節に合った効果、つまり、夏野菜は体を冷やし、冬野菜は体を温めてくれるのです。
ハウス栽培などで、一年中味わえる物も多くなりましたが、本来の収穫時期を知って、旬を味わえると良いと思います。

ちなみに、私が旬を感じる夏のお料理は「冬瓜汁」です。
子供の頃は、独特の香りが苦手でしたが、今は、熱々でも冷めても美味しくいただけて、大好きになりました。
あ!冬瓜は、長く保存ができるから、夏のお料理じゃないかしら…でも、収穫は夏ですから…ww

食べ物だけではありません。
梅雨が明け、ジリジリと照りつける太陽が肌を焦がしますが、それでも、日が傾いてくると「夕涼み」の風が吹いてきます。
クーラーの涼しさに慣れてしまうと、なかなか「夕涼み」なんて考えないかもしれませんが、夕方の風を味わうのも良いものです。

少し気にしてみると、知らず知らずにのうちに、季節を楽しんでいることもありますよね。
お花見、海水浴、紅葉狩り、お月見、正月、節分…
毎年、忘れずに巡ってくる季節を、しっかりあじわい、楽しめると良いですね。

office ヒロセのスタッフは、旬を楽しみ、季節の行事も積極的に体験しています。
?Gg[???ubN}[N??