歌って元気になろう!

ハーティー西蓮寺にて

「歌って元気になろう!」
『仲間と集って、一緒に歌う。
上手いとか下手とか、そんなことは関係ない。
笑顔で声を出して楽しんじゃえば良い。
歌声は、心地よく元気を運んでくる!』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
たまには大きな声で歌ってみませんか?
上手いとか下手とかそんな事は関係なく、笑顔で楽しく歌ってみると、なんだか元気になります。
遠慮して小さな声でぼそぼそと歌うより、大きな声で堂々と歌う方が気持ちが良いと思います。

一人で歌うのも良いですが、何人かで集って声を合わせて歌うのもとても気持ちが良いと思います。
「みんなと一緒に歌うのは恥ずかしい!」そう思っている人に嬉しいお知らせ!
みんなで一緒に歌っている時、誰も他の人の歌なんて聞いていませんよww
レッスンをしているとそれを確信します。
一人一人が、楽しく歌おうと思いながら声を出していれば、隣の人がどんな声を出しているかなんてほとんど聞こえていないのです。

それなら、遠慮なく大きな声で歌えますよね。
一人で歌うと「なんか変だな」と気になるところも、みんなで歌うとなんとなく上手に聞こえるのです。
それが、みんなで一緒に歌うことの良さです。

上手く聞こえれば、どんどん楽しくなっていきます。
遠慮なく大きな声で、楽しく歌って、元気になれば良いのです。
レッスンの後「一緒に歌って元気が出た」「ストレスが発散でき、やる気が湧いてきた」と言われます。
私が何かをしているというのではなく、歌うことが、元気を運んでくるのです。

歌がどうしても苦手という人は、大きな声で笑うだけでも良いです。
ほら、笑いすぎるとお腹が痛くなりますよね。
大きな声で笑う時は、しっかりお腹を使って笑い声を出しているのです。
歌う時も笑う時もお腹で息を吸ってしっかり吐き出すという共通点があります。
お腹を使って呼吸をする、つまり、腹式呼吸を使うことで、身体に酸素がたくさん取り込まれて、元気になるのです。

時には仲間と集って、楽しく歌って、笑って、それぞれが輝く笑顔で、元気になれると良いですね。

office ヒロセのスタッフは、腹式呼吸を意識して、元気にしっかり声を出すよう心がけています。
?Gg[???ubN}[N??