思いがけない言葉が心に沁みる。

bistro sousou コンサート 控え室にて

撮影者 中野耕司

「思いがけない言葉が心に沁みる…」
『思いがけず、かけられた言葉が、心に沁みる。
優しさと思いやりが、ジワッと沁みる。
ジワッと温かくなった心で言葉を紡いでいこう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
思いがけない言葉が、心に沁みることがあります。
緊張の糸をピンと張って頑張っている時に言われる「お疲れ様」。
不安で心が押しつぶされそうな時にかけられる「大丈夫だよ」の一言。
何気なく言われた「ありがとう」など…

心に染みる言葉は、特別な言葉ではありません。
「自分のことをしっかり見ていてくれているのだ」と感じられる言葉が心に染みる言葉になるのです。

先日も「残念だけど、広瀬さんのコンサートに行けなくなった。」と人づてに聞いたこの一言がジワッと心に沁みました。
なかなかお会いできないその方が、コンサートに行くと言ってくださり、とても嬉しかったのですが、それ以上に、私のいない所で話題にし、気にかけてくださっていたことがとても嬉しかったのです。

ご本人にしてみれば、本当に何気ない一言だと思います。
でも、私にとっては、「今回は残念だけれど、次の機会に、素敵な歌を届けられるように頑張ろう」と力になる一言でした。
と同時に、こんなふうに心に沁みる言葉が紡げる人でありたいなと思いました。

もちろん、意図して心に染みる言葉が紡げるわけではありませんから、何かを努力するということではありません。
誰に対しても、しっかり向き合うことを忘れないようにしたいと思ったのです。

予断を持たずに人と向き合う気持ちを忘れなければ、きっと温かく心に沁みる言葉を紡ぐことができると思います。
格好をつけて自分をよく見せようと言う思えば思うほど、そんな言葉とはかけ離れていきます。
心に染みる言葉をかけてもらった時のジワッと温かい心のまま、素直に言葉を紡いでいけば良いと思います。

言葉は両刃の剣です。
温かい心のままに発する言葉は、温かく人の心に届きます。
剣のように鋭い言葉は、鋭く人の心に届きます。
どんな時も温かい気持ちで、誰かの心に沁みる言葉を紡ぎ出せるといいですね。

office ヒロセは、お会いする方々と温かく素直な気持ちで、しっかり向き合っていきます。
?Gg[???ubN}[N??