2019年9月

片付けてスッキリ!

木之下城伝承館・堀部邸 離れ

「片付けてスッキリ!」
『今日は、部屋を片付けよう。
部屋がスッキリ片付いたら、頭も心もスッキリ片付いた。
スッキリは、気持ちが良い。』

こんにちは、office ヒロセ代表の広瀬まりです。
散らかった部屋に居ると、なんだかテンションがさがっちゃいます。
どこに何があるのか分からなくなって、何かしようと思うたびに、探し物から始めなければいけない…
時間ももったいないけれど、それよりも、欲しい物が見つからない時のイライラが、頭も心も疲れさせてしまいます。

解決方法は、一つ!
片付けるしかありませんよね。ww
今日は部屋を片付けよう!と奮起して、思い切って片付けちゃいましょう。

部屋のいろいろな所に手をつけるのではなく、今日は机、今日はサイドボード、今日は食器棚とパートに分けて片付けると、案外、上手く片付けられます。
そして、物たちの置き場所をきちんと決めて、使ったら戻すを徹底すれば、散らからないのですが、それがなかなか難しかったりしますよね。ww

私は、片付けが、ちょっと苦手…
なので、「あー、もう、無理!イライラする。片付けなきゃ!」と限界になると片付け始めるのです。ww

不思議なもので、部屋の片付けをすると、頭も心もスッキリ片付く気がします。
スッキリ片付いた部屋を眺めて、心は晴れ晴れ、モヤモヤして上手くまとまっていなかった頭の中も、シンプルな考え方に戻って、新しいアイデアが浮かんできます。
使いたい物がすぐに手に取れるのですから、全てがスムーズに運びます。
こんなことなら、毎日、片付ければ良いのに…と思うのですが、なかなかできない自分にちょっとダメ出しをしています。

その中でも、私が、一番スッキリする片付けというか掃除は、風呂の排水溝です。
どんなに気をつけていても、髪の毛が溜まってしまいます。
それを片付けて、水垢を落としていると、体が軽くなる気がします。
ただ単に、運動不足で、体を動かしたからスッキリしているのかもしれませんが、とにかく、スッキリするのですから良いじゃありませんか。

身の回りが散らかっていると、気が散って集中できないとも聞きます。
整理整頓に気をつけて、頭も心もスッキリとできると良いですね。

office ヒロセは、頭も心もスッキリとして動くように気をつけています。

リズムを楽しもう!

ミゾサと練習

「リズムを楽しもう!」
『アップテンポでワクワク動く。
スローテンポでのんびり過ごす。
一つ一つのテンポを感じて、生活のリズムを楽しもう!』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
どんな物事にも、それぞれのリズムがあります。
楽しくワクワク動いている時は、アップテンポの楽しいリズム。
のんびりゆったりと過ごしている時は、スローテンポの流れるようなリズム。
と、意識していなくても、その時々で、体の奥には動きに合ったリズムが流れています。
ほんの少し、そのリズムを意識すると、その時間がより楽しく感じられます。

一日は、そんな様々なリズムで作られています。
一つ一つのリズムをそれぞれ楽しむことも良いですが、様々なリズムを積み重ねて、一日の大きなリズムを作っていくのも素敵なことです。

毎日、仕事に出かけるから同じリズムになっちゃうと思いますか。
そんなことはないはずです。
今日は、アップテンポで行こう!とかスローテンポで行こう!と決めて、動き方を変えていくのも楽しいと思います。
自分の中にリズム感があると、なんとなく、楽しそうに見えるから不思議です。
様々なテンポのリズムを感じながら、一日をより楽しく、リズミカルに過ごせると良いと思います。

逆に、テンポがうまく取れないと感じる時は、どこかに不調がある時なのかもしれません。
音楽でも、スローテンポは比較的取りやすいのですが、アップテンポの曲は、体調が悪いと取りにくくて、乗り遅れることがあります。
生活の中のテンポやリズム感も同じことが言えると思います。

テンポが取りにくいと感じたら、少しゆっくりしたテンポの簡単なリズムに変えて、動けば良いのです。
例えば、同じテンポでも「タン、タン、タン、タン」と取るのと「タッカ、タッカ、タッカ、タッカ」と取るのでは、動き方が違います。
テンポがうまく掴めない時は、ゆっくりな「タン、タン、タン、タン」をイメージして動けば良いのです。

無理をして複雑なリズムを刻もうとすると、より疲れてしまいます。
それぞれのテンポやリズム感を大切にしながら、一日の楽しいリズムにつなげて行けると良いですね。

office ヒロセは、物事一つ一つのテンポやリズム感を大切にして、自分なりの楽しいリズムで過ごせるよう心がけています。

散歩の時間も必要

中山道鵜沼宿にて

「散歩の時間も必要」
『散歩の時間なんて取れない。
仕事が忙しくて、のんびり散歩なんてできない。
それって、自分を大切にしていないんじゃないかなぁ~』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
「散歩の時間を確保しましょう」なんて言うと、「忙しくてそんな時間は取れない」と言う人もいると思います。
確かに、忙しい時はのんびり歩いたり、ジョギングしたり、体を動かすことを後回しにしてしまいます。

でも、そんな時こそ少し心に余裕を持って、散歩をしたり、ジョギングしたりする時間を取ることが大切です。
と言っている私が、一番必要な時間は散歩する時間だと思います。ww
最近の私は、文章を書いたり、動画を編集したり、机に向かう時間がとても長くなっています。
やらなければいけないことをまずやらなくちゃ、と考えるのはごく自然なことですが、やり始めると楽しいからついつい長い時間やってしまう…
これは、私の最大の欠点です。

頑張りすぎて、詰め込みすぎると、本当に休憩時間を忘れてしまいます。
休憩時間を取ったとしても、頭は、やらなければいけないことを、ずっと考えていては、休憩になりませんよね。

本当に頭を休めるためには、散歩したり、ジョギングしたりと違う景色を目にすることが大切だと言われたことがあります。
そうすることで頭の中がオフになる、頭がオフになれば自然と体の緊張も緩んでいきます。
いろいろ考えすぎると頭がオンの状態を続けて、体もずっと緊張したままになります。
今の私がまさにそうです。

先日、朝から文章を書いたり動画を編集したりして、目標としていたところまではできました。
ところが、体調がすこぶる悪いのです。
頭が重いし、目が見えづらいし、腰は痛いし…と散々な状況になりました。
そして「これは歩かないといけない!」と強く感じました。
多分、私の中の本能が、「歩かないとバランスがどんどん崩れていくよ。どんどんしんどくなるよ」と教えてくれたのだと思います。

忙しいのはとても幸せなことです。
でも、その中で、散歩をする時間もとって、頭を休め、体をリラックスさせて、次にやることに、一生懸命取り組めると良いですね。

office ヒロセは、散歩する心の余裕、時間の余裕をとるよう心がけています。

便利だけれど…

ミゾサと一緒に

「便利だけれど…」
『とっても便利な世の中だと思う。
遠くにいても繋がることができる。
いろいろな情報をすぐに手に入れられる。
でも、便利さだけを称賛するのではなく、不便さも楽しみながら活用しよう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
今は、とっても便利な世の中です。
遠くにいる人とも顔を見ながら話が出たり、様々な情報をすぐに手に入れることができます。

もちろん、私自身もその恩恵をたくさん受けている一人です。
音源のやり取り、書類のチェック、チラシの入稿などなど、便利になったなぁと感じることは、本当にたくさんあります。
紙媒体でのやり取りを知っているから感じることなのかもしれません。
生まれた時からそれを当たり前のように使っている人達は、便利とも感じないのかもしれませんね。ww

よく「便利になって、無くした大切なものがある。」という言葉を耳にします。
確かに、無くなっていくものもあると思いますが、それを悪いことのように言うのは、少し違うのかなと思います。
無くなる、あるいは、変わっていくことで、進歩もあるのですから、それを受け入れる気持ちは大切です。

ただ、便利なもの、新しいものだけが素晴らしいと称賛するのも違うと思うのです。
便利さと不便さのどちらも楽しみながら、バランス良く取り入れる気持ちが大切です。

私は、コンサートやイベントの告知をSNSで発信しています。
遠くにいる人たちにも簡単に情報が届けられて、気軽にやり取りができることを楽しんで、現代の便利さを活用しています。
あ!このブログもそうですよね。
それに加えて、宛名を手書きしたハガキでのお知らせもしています。
ハガキを受け取った方の中には、「手書きの宛名がとても嬉しかった。」と言ってくださる方もあります。

SNSのようなデジタルにも手書きのようなアナログにも、それぞれの便利さ、不便さがあります。
それぞれの特徴をうまく活かして、バランスよく活用できると良いですね。

office ヒロセは、デジタル、アナログとこだわらず、それぞれの良さを活用するよう心がけています。

ここに来なくちゃ!

大垣市 街のアーティストフェスタにて

「ここに来なくちゃ!」
『月に一度のレッスン。
楽しみにしてくださる方々に感謝!』
こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。

私は、月に一度、グループレッスンをしているところが数カ所あります。

先日、その中の一つで…
「先生のレッスン、次回は、いつでしたか?」
「10月23日です。」
「あ!予定があるから、それを断らなくちゃ!
月に一度の先生のレッスンはとっても楽しみだから、どうしても来なくちゃいけないもの!」

こんな嬉しい言葉を聞きました。

レッスンを楽しみにしてくださる方がいらっしゃることは、私の喜びであり、励みになります。
楽しみながら、しっかり声を出し、姿勢を整え、呼吸を整えましょう。
さあ、息を活かして生き生きと、あなたの『べっぴんヴォイス』を探しましょう。

意外なヒント!

はっせー&まりーのLet’s Relax!!

「意外なヒント!」
『全く関係ないと思っていたことから、ヒントを得ることがある。
関係ないと思わず、アンテナを張っていると、意外なヒントが見つかる。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
人にはそれぞれ得意な分野があります。
事務仕事が得意な人、接客が得意な人、文章を書くのが得意な人、計算が得意な人など、千差万別、十人十色です。

それぞれの得意な分野を生かして仕事をしている、あるいは、仕事をしていくうちにそれが得意な分野、専門分野になった人も多いと思います。
自分の分野に関わりのある事は、常に勉強したり情報を得ようとアンテナを張っていると思いますが、意外なところからヒントを得ることもあるのです。
専門分野だけに限らず、アンテナを張ることも大切です。

私は、歌い手ですから、歌うことが得意分野、専門分野です。
発声方法や滑舌、音程やリズム、お腹の使い方など、歌うのに必要な技術を習得するのは当然のことです。
自分で歌うだけなら、その技術を自分なりに習得すれば良いのですが、講座やレッスンをするようになって、それを説明しなければいけなくなりました。

説明をするには、理屈も必要ですし、身体の仕組みや使い方も知る必要がありました。
ですので、治療家の長谷川功一さん(はっせー)にいろいろ教わりながら、はっせー&まりーのLet’s Relax!!で、「はせまりラックス体操」を考え、歌い手として、リラックスして声を出すメソッド「人生を変えるべっぴんボイスメソッド」も考えました。

その中でも、やはり簡単で分かりやすい言葉で説明することが課題になりました。
特によく質問される、高い音を出す時のお腹の使い方の説明が、なかなか難しかったのです。
どんな説明がイメージしやすいのかと悩んでいた時、ふと、国民的アニメ「サザエさん」のマスオさんの驚きのポーズを思い出したのです。
「えーっ」と驚くマスオさんのポーズは、しっかりとお腹に力が入ることに気づきました。
歌とは全く関係のない、アニメの中のマスオさんが教えてくれたのです。ww

それからは、何がヒントになるか分からないとの思いを強くし、狭く深く知ることも大切ですが、広く浅く情報を得る、学ぶ気持ちを忘れないようにしています。

ヒントは意外なところからやってくることもあります。
関係ないから学ぶ必要は無いと切り捨てるのではなく、チャンスがあれば様々な分野の学びや情報を得て、次の自分の進む道のヒントにできるといいですね。

office ヒロセは、自分の分野だけにこだわらず、広い視野で物事を捉えられるよう心がけています。

見方を変えて動く!

米徳音楽会ファイナルにて

「見方を変えて動く!」
『何をするにしても、いやいや動いていては、楽しくない!
やりたくない!と思っていてもやらなければいけなこともある。
そんな時は、ちょっとだけ見方を変えて、動いてみよう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
自分がやりたい事は楽しくできても、やりたくなくてもやらなければいけないことは、なかなか楽しくできないものです。
どうせ、やらなければいけないのであれば、いやいやではなく、少し楽しみながらできると良いなぁと思います。

「やりたくないことを楽しみながらやる」のは難しいかもしれません。
が、まずは、やりたくない理由を認めちゃいましょう。
そして、「今から、やりたくないことに取り組む自分は偉い!」と自分を褒めましょう。

その次に、何か目標を決め、それがクリアできたら自分にご褒美をあげよう、と動き始めれば、少しだけ楽しくなると思います。
そうすれば、やりたくないことに対する見方を変えられて、いやいやな気持ちから少し離れることができます。

私の場合は…
パソコンが苦手で、キーボードを打って文書を書くことがとっても嫌でした。
「どう考えても、書くほうが早いし、肩は凝るし、目は疲れるし…」とキーボードに向かいたくない理由を並べ立て、拒否していました。

でも、「プロフィールを送ってください」とか「文章を推敲したので書き直してください」と言われることが多くなり、パソコンからすぐに送れたり、文章をコピぺできることを考えると、やらざるを得ません!
ですので、「苦手なキーボードに向かう私は偉い!」と自分を褒めながら始め、人差し指だけで打っていたキーボードのホームポジションに指を置き、悪戦苦闘していました。

キーボードに向かう時間を決めて、その時間をしっかりクリアしたら、いつもは控えている甘い物を食べたり飲んだりして、ちょっと、幸せな時間を過ごしました。
すると、不思議に嫌だったことが、ちょっとだけ楽しくなってきたのです。
やりたくない気持ちがちょっと楽しいに変わり、やりたくなかった理由が一つ一つ消えていくような気がしたのです。
そうです。
やりたくないことへの見方が変わったのです。

一度、見方が変われば、もう大丈夫!
スムーズに取り組めるようになります。
どんなことでも、いやいや取り組むより、楽しく動けるよう見方を変えられると良いですね。

office ヒロセは、見方を変えて、楽しく動くよう心がけています。

なんとなく幸せ!

come to ku音楽会ファイナルにて

「なんとなく幸せ!」
『なんとなく、嬉しい!何となく、楽しい!
なんとなくで良い。
なんとなくの幸せが、大きな幸せにつながっていく。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
計算式のようにはっきり答えが出たり、コインの裏表のように白黒がはっきりすると、とても気持ちが良いものです。
疑いようのない答えが出て、判断に迷うことがないのですから、はっきりするということは素敵なことだと思います。

でも、はっきりとしない、なんとなくという感覚も大事だと思います。
日常の中で、なんとなく嬉しい、なんとなく楽しいと感じることもあると思います。
「ふふふ」と思わず笑みがこぼれてしまうようなそんな感覚です。

例えば、お店でもらったレシートに777と数字が並んでいたり、卵を割ったら黄身が2つ入っていたり、欲しかったものをお値打ちに手に入られたり…
大きな声で「やったー!」と叫んで大喜びするほどでもないけれど、なんとなく嬉しい、なんとなく楽しい、そんなことを数えていると、なんとなく幸せな気持ちになってきます。

このなんとなく幸せな気持ちが、毎日の生活ではとても大切です。
特別なことがなくても、なんとなく嬉しいことを数える癖をつけておくと、小さな嬉しいを積み重ねて、自分の気持ちを幸せにできるのです。
イベントやお出かけなど、ワクワクして待っていることは、やっぱり楽しいです。
でも、そんなに頻繁に、特別な楽しさ、嬉しさが訪れるわけではありません。
日々の生活のなんとなくの楽しさに目を向けることで、より楽しく生活ができるのです。

私の中の感じるなんとなくは、オフの日に、ボーッとしたり、何かを作ったりしている時間、美味しいと思った瞬間、整理整頓ができた時など、本当に些細なことがなんとなく嬉しくなります。
なんとなく嬉しくて、なんとなく気持ち良くて、何となく満たされているそんな気持ちを積み重ねて、毎日をなんとなく幸せに過ごすようにしています。

なんとなくの幸せが感じられれば、それが積み重なって、「幸せ!」とはっきりと感じられるようになります。
なんとなくの感覚を大切にして、毎日がなんとなく幸せと感じられると良いですね。

office ヒロセは、なんとなくの幸せを大切にして、日々の幸せを感じながら進んでいます。

キラキラ輝こう!

bistoro sousouランチコンサートにて

「キラキラ輝こう!」
『好きなことをやっている姿は、キラキラ輝いて見える。
キラキラと自分を輝かすことができるのは、自分だけだから。
自分の「好き」を見つけてキラキラ輝こう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
子供でも大人でも、好きなことをやっている時は、瞳をキラキラ輝かせて動いています。
瞳だけでなく、周りの空気もキラキラしているように感じて、見ているだけでこちらまで楽しくなってしまいます。
周りの空気まで楽しく変えてしまうのなら、自分の「好き」を見つけてキラキラ輝いていたいですよね。

あなたは、自分がどんなことをしている時にキラキラ輝いているのか知っていますか?
実は、キラキラ輝いている瞬間は、自分ではわかりにくいものなので、誰かに言われて「そうか!」と気づくこともあるのです。

随分前に、アルバイト先で接客をしている時に、店長から「接客が好きなんだね。キラキラ輝いて見えるよ。」と言われ、驚いたことがあります。
確かに、人と話をするのが好きだから、接客をしている時はとても楽しいと感じていましたが、改めて、他人に言われて、自分の「好き」を自覚しました。

この時のように、人から言われて好きを自覚することもあれば、自分の中でどうしようもなく「好き」というものがあって、キラキラ輝いていることもあります。

私にとってのどうしようもなく「好き」は、音楽、特に歌うことです。
歌っている時は写真を撮られることも多く、その時の表情を自分の目で確認することができます。
手前味噌ですが、「良い表情をしているなぁ~」「キラキラしてるなぁ~」と思う時もあります。ww

その証拠に、チラシをお渡しすると、チラシの写真と私を見比べて「本人?」と聞かれることがよくあります。
普段の私が暗く沈んでいると言うわけではないと思いますが、チラシの写真の私は、人が違って見えるほど、楽しそうにキラキラとして見えるのでしょうね。

人は誰でも、キラキラ輝く瞬間を持っているものです。
自分の「好き」に気づけば気づくほど、キラキラする瞬間をたくさん持てるのです。
どうしようもなく好きなことがあるのなら、それをどんどん楽しんで、もっともっとキラキラ輝けば良いのです。

もし、今、自分の「好き」がよくわからないのであれば、誰かに「私って、何をしている時が一番楽しそう?」と聞いてみるのも良いと思います。
自分のことなのに、人に聞くというのもおかしく感じるかもしれませんが、案外、自分の事は分かりにくいのですから、人に尋ねて、確認して、キラキラ輝く瞬間を増やしていけると良いですね。

office ヒロセのスタッフは、自分の「好き」を見つけて、キラキラ輝く瞬間が持てるよう、心がけています。

大丈夫!

bisutro sousou ランチコンサートにて

「大丈夫!」
『あなたならできるよ、大丈夫。
ちょっぴり不安もあるけれど、大丈夫。
大丈夫の言葉で、大丈夫になる。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
私は、「大丈夫」という言葉が好きです。
「あなたならできるよ、大丈夫だよ。」と言われたら、何だか自信を持ってできる気がしませんか。
自分の心にちょっと不安が湧いてきた時も「ちょっぴり不安もあるけれど、大丈夫。」と自分に言い聞かせ、気持ちを切り替えれば、不安を自信に変えて問題に取り組むことができるようにな気になりませんか。

「そんな気がするだけ」と考えてしまえば、それで終わってしまいますが、自信が生まれたり、不安を取り除けると思えば、こんなに素敵な言葉はありません。
でも、本当に「気がするだけ」なのでしょうか…

誰かが「あなたならできるよ、大丈夫だよ。」と言ってくれたのなら、その人は、本当に大丈夫だと思っているはずです。
少し自信がなさそうにしている様子を見て、背中を押す言葉をかけてくれているのです。
素直にその言葉を信じて、自信を持って進めば良いのです。

自分自身に言い聞かせる時もそうです。
自分なりの準備をして、「これでいいのかな。」と思っているから不安になるのです。
もし何の準備もしていなければ、不安にすらならないのですから、大丈夫の言葉でその不安を取り除いて自信を持って進めば良いのです。

私は、ステージや講座の前は、「大丈夫、できる。私はできる人です。大丈夫です。」と呪文のように唱えています。
練習や準備をして、その時のベストの状態でその場にいるわけですから、きちんとしたパフォーマンスができるはず!と思ってはいても、やっぱりドキドキするのです。ww
ですから、私にとっての魔法の言葉「大丈夫」で「大丈夫」になって、ステージや講座に向かいます。

先日は、ある方から「15秒のスポットCMの企画を考えてくれませんか。」とのお話をいただきました。
「あなたなら大丈夫だと思うから。」と背中も押していただいたので、始めてのことだけれど自信を持って企画をしていきます。

人間ですからあまり自信がないことも、不安になることもあります。
「大丈夫」の一言で、気持ちを切り替え、自信を持って取り組めると良いですね。

office ヒロセは、自信を持って取り組めるよう、いつも「大丈夫」の言葉を忘れないようにしています。