元気が一番!

はっせー&まりーのLet’s Relax!!

撮影者 中野耕司

「元気が一番!」
『泣いたり、笑ったり、怒ったり、心が忙しく動いている。
情緒不安定?じゃなくて、心がとっても元気に動いてる。
心も体も、元気が一番!』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
泣いたり、笑ったり、怒ったり、心はちゃんと動いていますか?
感情が豊かに動くのは、心が元気な証拠です。
動いている感情を押さえ込まずに、発散することが大切です。
情緒不安定?なんて思わずに、その動きを楽しんじゃいましょう。

そして、食べて、歩いて、お話しして、体もしっかり動いていますか?
「休憩」と言ってのんびり過ごすことも大切ですが、体を動かして自分の体調を把握することも大切です。
頭ではわかっていても実際には動けないこともあります。
自分の体のチェックを忘れないようにして、時にはメンテナンスをかけることも大切です。

心も体も元気が一番です。
と言っても、「元気」と言うのは、「心も体も完璧な状態」ということとはちょっと違うのです。
心も体も疲れたり傷んだりしますが、だからといって、元気ではないとは言えないのです。

元気かどうかの基準は、自分で決められます。
自分が元気だと思えばどんな状態であれ、元気なのです。
逆に言えば、どんなに完璧な心の状態、どんなに完璧な体の状態であったとしても、自分が元気ではないと言ってしまえば、そこに元気はなくなってしまうのです。
「無理をしてカラ元気を出してがんばりましょう。」ということではではありません。
自分の現状に合わせた元気を見つけ出すことが大切です。

私も、基本的にはいつも元気だと思っています。
でも、腰が痛かったり、足が痒かったり、喉が腫れていたりといろいろなトラブルはあります。
心だって「こんなことを言われちゃった。」とか「あんな風に言わなくてもよかったかな。」と揺れる事はあります。
そんな時でも、今の元気はこんな感じ、と、自分の状態をきちんと把握してその中の元気を見つけ出すようにしています。

元気の基準は自分で作れるのです。
その時、その時で基準を変えることも自由自在です。
自分の心も体も大切にして、いつも元気でいられるといいですね。

office ヒロセのスタッフは、心も体も元気でいられるように、自分の元気の基準を大切にしています。
?Gg[???ubN}[N??