キラキラ輝こう!

bistoro sousouランチコンサートにて

「キラキラ輝こう!」
『好きなことをやっている姿は、キラキラ輝いて見える。
キラキラと自分を輝かすことができるのは、自分だけだから。
自分の「好き」を見つけてキラキラ輝こう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
子供でも大人でも、好きなことをやっている時は、瞳をキラキラ輝かせて動いています。
瞳だけでなく、周りの空気もキラキラしているように感じて、見ているだけでこちらまで楽しくなってしまいます。
周りの空気まで楽しく変えてしまうのなら、自分の「好き」を見つけてキラキラ輝いていたいですよね。

あなたは、自分がどんなことをしている時にキラキラ輝いているのか知っていますか?
実は、キラキラ輝いている瞬間は、自分ではわかりにくいものなので、誰かに言われて「そうか!」と気づくこともあるのです。

随分前に、アルバイト先で接客をしている時に、店長から「接客が好きなんだね。キラキラ輝いて見えるよ。」と言われ、驚いたことがあります。
確かに、人と話をするのが好きだから、接客をしている時はとても楽しいと感じていましたが、改めて、他人に言われて、自分の「好き」を自覚しました。

この時のように、人から言われて好きを自覚することもあれば、自分の中でどうしようもなく「好き」というものがあって、キラキラ輝いていることもあります。

私にとってのどうしようもなく「好き」は、音楽、特に歌うことです。
歌っている時は写真を撮られることも多く、その時の表情を自分の目で確認することができます。
手前味噌ですが、「良い表情をしているなぁ~」「キラキラしてるなぁ~」と思う時もあります。ww

その証拠に、チラシをお渡しすると、チラシの写真と私を見比べて「本人?」と聞かれることがよくあります。
普段の私が暗く沈んでいると言うわけではないと思いますが、チラシの写真の私は、人が違って見えるほど、楽しそうにキラキラとして見えるのでしょうね。

人は誰でも、キラキラ輝く瞬間を持っているものです。
自分の「好き」に気づけば気づくほど、キラキラする瞬間をたくさん持てるのです。
どうしようもなく好きなことがあるのなら、それをどんどん楽しんで、もっともっとキラキラ輝けば良いのです。

もし、今、自分の「好き」がよくわからないのであれば、誰かに「私って、何をしている時が一番楽しそう?」と聞いてみるのも良いと思います。
自分のことなのに、人に聞くというのもおかしく感じるかもしれませんが、案外、自分の事は分かりにくいのですから、人に尋ねて、確認して、キラキラ輝く瞬間を増やしていけると良いですね。

office ヒロセのスタッフは、自分の「好き」を見つけて、キラキラ輝く瞬間が持てるよう、心がけています。
?Gg[???ubN}[N??