便利だけれど…

ミゾサと一緒に

「便利だけれど…」
『とっても便利な世の中だと思う。
遠くにいても繋がることができる。
いろいろな情報をすぐに手に入れられる。
でも、便利さだけを称賛するのではなく、不便さも楽しみながら活用しよう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
今は、とっても便利な世の中です。
遠くにいる人とも顔を見ながら話が出たり、様々な情報をすぐに手に入れることができます。

もちろん、私自身もその恩恵をたくさん受けている一人です。
音源のやり取り、書類のチェック、チラシの入稿などなど、便利になったなぁと感じることは、本当にたくさんあります。
紙媒体でのやり取りを知っているから感じることなのかもしれません。
生まれた時からそれを当たり前のように使っている人達は、便利とも感じないのかもしれませんね。ww

よく「便利になって、無くした大切なものがある。」という言葉を耳にします。
確かに、無くなっていくものもあると思いますが、それを悪いことのように言うのは、少し違うのかなと思います。
無くなる、あるいは、変わっていくことで、進歩もあるのですから、それを受け入れる気持ちは大切です。

ただ、便利なもの、新しいものだけが素晴らしいと称賛するのも違うと思うのです。
便利さと不便さのどちらも楽しみながら、バランス良く取り入れる気持ちが大切です。

私は、コンサートやイベントの告知をSNSで発信しています。
遠くにいる人たちにも簡単に情報が届けられて、気軽にやり取りができることを楽しんで、現代の便利さを活用しています。
あ!このブログもそうですよね。
それに加えて、宛名を手書きしたハガキでのお知らせもしています。
ハガキを受け取った方の中には、「手書きの宛名がとても嬉しかった。」と言ってくださる方もあります。

SNSのようなデジタルにも手書きのようなアナログにも、それぞれの便利さ、不便さがあります。
それぞれの特徴をうまく活かして、バランスよく活用できると良いですね。

office ヒロセは、デジタル、アナログとこだわらず、それぞれの良さを活用するよう心がけています。
?Gg[???ubN}[N??