パワフルに動く。

若草学園にて

「パワフルに動く!」
『企画して、相談して、創り上げていく。
創り上げる物も面白いけれど、その過程も面白い。
過程が面白ければ、楽しさは倍増する。
倍増する楽しさは、パワーに変わっていく。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
何かを企画して作り上げていくのは本当に楽しいと思います。
当然一人では無理ですから、アイデアを出し合って協力してくれる人たちと相談して作り上げていくのです。

そんな時は、多分作り上げていく過程もとても面白いのだと思います。
企画している人たちが楽しく、面白いと、思いながら作り上げていくのですから、出来上がるものはきっと楽しく面白いものになるに違いありません。

作り上げて、発表や展示が終わった後はその楽しさをまた味わいたいと思い、それがパワーに変わっていきます。
「こんな楽しい事ならまたやりたい。」「次はこんな風にしたい。」と、新しい企画を考えだすパワーの源になるのです。

私も様々な企画を考えます。
スタッフに「こんなことがやりたいんだけどどうかな」と提案して、スタッフの意見も取り入れながら帰宅を修正し、準備を始めます。
準備をしているときは、「楽しんでいただけるかな」「どんな方たちが来て下さるかな」とお客様の顔を想像して、ワクワクしながら動いています。
私自身は、企画者の立場と演者の立場であることが多いのですが、楽しく企画をして準備をして、当日ステージに立った時は、期待と緊張に震えます。

先日は、本番が終わった後、ピアノ伴奏の人に「まりさんはすごいね。ずっとテンションが高いままステージを演れるから。疲れないの?」と言われました。
その日は、ある中学校区のお母さん方との共同の企画で、入所型の障害児の施設に伺っていました。
もう、20年以上毎年伺っているところなので、施設の方も子供たちも顔見知りが多くいて、ステージを楽しみにしていてくれる、だからこそ、子供たちはハイテンションになります。

それに負けないパワーで一時間のステージをさせていただいたのですが、ピアノ伴奏の人にとってみれば、それがとてもパワフルに見えたのだと思います。
全く疲れていないと言えば嘘になりますが、準備してきた事と当日の子供たちの楽しそうな笑顔が、次の企画のパワーになっていきます。

何かを作り上げていくのなら、作り上げる過程も当日も、全部を楽しんで、次の企画を考えるパワーに変え、パワフルに動いていけるといいですね。

office ヒロセは、企画し創り上げる楽しさと、皆様の笑顔をパワーに変え、いつもパワフルに動いています。
?Gg[???ubN}[N??