実際に動いてみよう!

bistro sousouランチコンサートにて

撮影者 中野耕司

「実際にやってみよう」
『やってみなければ分からないことは、たくさんある。
頭の中のシュミレーションは、大切だけど、
実際に動いてみると、予定外のことが起こる。
予定外のことに対処したら、予定外は減っていく。
予定外を恐れずに、実際にやってみよう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
どんなに準備をしていても、実際に動いてみると予想外のことが起きることもあります。
頭の中で、繰り返しシミュレーションして、大丈夫だと思っていても「こんなことが起こるなんて、考えもしなかった。」と頭を抱えることもあります。
頭を抱えたままでいるわけにはいきませんから、精一杯の対処を試みます。
予定外のことの対処に成功したのなら、次回は、その方法が使えるし、失敗したとしたら、それ以外の対処法を模索すれば良いのです。

いずれにしても、起きたことに対処したのですから、次回からは予定外のことではなくなるのです。
そんな経験を重ねれば重ねるほど、予定外のことが減っていき、対処の方法が増え、バタつくことも減っていきます。
もしかすると、対処の方法次第では、より素敵な結果が得られるかもしれません。

私も、歌っている途中で、急に音が出なくなったり、お客様がステージに上がってきたり、進行が急に変わったりと、予定外のことをいくつも経験してきました。
その度に、「えーっ!」と大きく心の中で叫んで、思いっきりの笑顔で対処してきたので、今では、予想外のことが起きても「えーっ!」と心で叫ぶ声も小さくなり、慌てずに対処できることが増えました。ww

ただ、未だにドキドキするのは、講座の時の質問の時間です。
もちろん、質問の予想はしますが、時々、本当に「えーっ!」と思う質問をされる方がいらっしゃいます。
とても専門的なことだったり、個人差の範囲だったり、答えられないことはないけれど、説明しにくいことがあります。
そんな時は、できる限りの答えを出しますが、家に帰ってひとり反省会です。ww
そして、次に同じような質問に答えられるように、準備をしておくのです。

いくらシミュレーションをしても、その通りに物事が進んでいくとは限りません。
予定外を恐れずに、実際に動いて、予定外を経験してみれば良いのです。
その経験を重ねて、対処できることを増やし、時には、予定外の素敵な結果が得られると良いですね。

office ヒロセは、予定外のことから学び、より素敵な結果を得られるよう経験を重ねています。
?Gg[???ubN}[N??