自分の価値は自分で決める

bistro sousouランチコンサートにて

撮影者 中野耕司

「自分の価値は自分が決める」
『自分の価値は、自分が決める。
貶めることも奢ることもなく、価値を見極める。
そうして、委ねる。
本当の価値は、周りの他人が決めてくれる。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
「自分にどんな価値があるのか」なんて、分かりにくいですよね。
でも、自分で自分の価値を決める事はとても大切です。
自分に価値がないと思ってしまっては、自信を持って進むことができません。
貶めることなく奢ることなく自分の価値を決めれば良いのです。

自分で価値を決めたからといって、それを周りの人に発表する必要はありません。
「私は、こんな価値ある素晴らしい人間です」とあからさまに言ってしまっては、それこそ価値が下がってしまいます。
自分の価値は自分で決めるものですが、その本当の価値は、周りにいる人が、評価という形で決めてくれるのです。
そこで得られた評価は、良くも悪くも真摯に受け止め、また、自分自身の価値判断の糧にすれば良いのです。

時には腹の立つ言葉もあります。
でもそれこそが、自分を磨くための尊い言葉なのです。
言われて腹が立つ言葉は、少なからず本当のことで、自分自身も薄々それに気づいていて、直さなくちゃと感じていることなのです。
腹を立てるよりも、言われたことを受け止めて、気をつけていけば良いだけなのです。

そして、他の人に対して「こうしたらもっと素敵なる」とか「ここは少し気をつけたほうが良いよ」と助言してあげられたら、お互いの成長につながるのです。
ただし、人に意見を伝えるときは、心の奥に悪意を持っていてはいけません。
「騙してやろう」とか「おとしめてやろう」といった考え方を持って発する言葉は、結局、自分の価値を低いものにする結果を生みます。

私も、いろいろな方に助言をいただいて、学び、成長してきました。
そうしていくうちに、少しずつ自分の中に自信が芽生え、自分の価値を見出してきました。
自分が、たくさんの助言で成長してきたように、助言することで、その方がより素敵になると感じた時は、言葉にして伝えるようにしています。
それが、教えていただいたことへの恩返しだと思っています。

自分の中で貶めることなく奢ることなく自分の価値を決めたら、後は、委ねて、自分が最善だと思う行動をしていけばよいのです。
そうすることで、信頼を得ることができ、周りの人に良いより良い評価をしていただけると思います。

口だけでなく行動が伴った自分の価値を見出して、より素敵な人生を歩めるといいですね。

office ヒロセは、自分の評価を自分で決めること、耳に痛い言葉をしっかり聞くことを忘れないよう心がけています。
?Gg[???ubN}[N??