限界を決めない

中山道鵜沼宿 脇本陣童謡コンサートにて

「限界を決めない」
『物事には、限界があるのかもしれない。
でも、限界って決めなきゃいけないなのかなぁ
限界を決めなければ、きっと、その先に行ける。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
物事には、限界があると思いますか?ないと思いますか?
もちろん、命に関わるようなことや関係のない人を巻き込むようなことには限界があります。
そういう極端なことではなくて…

例えば、陸上競技では、自分と同じ人間が出したとは思えない、ビックリするような記録を耳にすることがあります。
100mを10秒を切る速さで走ったり、走り幅跳びで9m近く飛んだり、走り高跳びで2.5m近く飛んだりと、とにかく、凄いとしか言いようのない記録がたくさんあります。
それなのに「記録は破られるためにある」と言った人がいるくらいですから、これが限界かと思われる記録でも、それを越えようと選手たちは日々努力を続けています。
いつか、記録を更新しようと頑張っているのです。

じゃあ、自分はどうなのかと考えてみると…
何かの記録に挑戦するほどのものは、何も持ち合わせていませんが、自分ができることを限界を決めずにやっていく事はできると思います。

「自分はこんな人間なんだ」「私はこれしか出来ない」と自分で自分の限界を決めてしまうと、そこから抜け出せなくなってしまいます。
それ以上のことはやらなくて良いと、やる前から自分で決めているのと同じことなのです。
それって、もったいないですよね。

先日、私は、やらなければいけないことが山積みで、ちょっと大変な状態になってしまいました。
それこそ、「これをやり切るのは無理、限界!」と叫んじゃいました。ww
叫びながら「やってみる前からできないって決めるの?とりあえず、やれる所までやろう」と思い直して、集中して取り組んでみました。

確かに大変ではありましたが、必死の集中力は、自分でもびっくりするくらいの力を発揮したのです。
それこそ、今まで「限界点はここ」と思っていた所を越えられたのです。

全てのことで自分の限界を超えられるとは言いませんが、限界を越えてできることもあるのですから、諦めずに取り組むと良いと思います。
自分で自分を縛らずに、 限界を超えて新しい自分に出会えると良いですね

office ヒロセは、限界を決めず、諦めず取り組んでいきます。
?Gg[???ubN}[N??