やりたい一つを見つける

月津塾 犬山祭編

「やりたい一つを見つける」
『一つが終わったら、次の一つ。
目指す一つがあることの、幸せ。
やりたい一つを見つけよう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
自分がやりたいことを並べてみると、結構たくさんありませんか?
大小さまざま、今日できる事もあれば、将来に向かって準備するようなこともあると思います。
一度にたくさんのことができる才能の持ち主なら、全部一度にやれば良いと思います。
でも、もしそうでないならば、今やりたい一つを見つけて、取り組めば良いのです。

一つのことに一生懸命に取り組めば、次の一つが見えてきます。
関連のあることなのかもしれないし、全く別の次の一つかもしれませんが、とにかく、一番最初の一つを見つけることが肝心です。

最近、お話をした人は、やりたいことが見つからないと嘆いていらっしゃいました。
お話を聞いていると、やりたい事はあるように思えて、それに向かって踏み出せない、興味の幅が広すぎて、今取り組む事がわからないといった感じでした。
もしかすると、そういう人が多いのではないかなと思います。

何かに取り組むと言うと大きなことを想像されるかもしれませんが、小さな一つで良いのです。
例えば、今日はしっかり部屋の掃除をすると決めて、掃除を始めるとします。
これが、一番最初の一つです。
最初は、ゴミをまとめたり、掃除機をかけたりすると思います。
いつものお掃除は、ここで終わり、でも、今日は、掃除をすると決めたのですから、いつもは手をつけない箇所も見てみるのです。

そうすると「ここの汚れを取るにはどうすれば良いかな」とか「整頓するには何が必要かな」と考え始めると思います。
これが、次の一つ達です。
ね、簡単なことでしょ。ww

身近な最初の一つを「こんな些細なこと」と見逃さないことが大切なのです。
それをも逃さず、小さな一つ一つを見つける練習をしていくと、自分がやりたい事を見つけて決めることが上手くなります。
「やりたいことが見つからない!」と嘆くのではなく、一番最初の小さな一つを見つければ良いのです。
それに関連して生まれてくる次の一つを見つけて、一生懸命に取り組み、楽しく進んで行けると良いですね。


office ヒロセは、やりたい一つを見つけ、それに精一杯取り組み、次の一つに向かって邁進しています。
?Gg[???ubN}[N??