誰かと比べる必要はない

法隆寺 手水場

「誰かと比べる必要はない!」
『誰かと比べて、喜ぶ。
誰かと比べて、落ち込む。
一人一人違うのだから、比べる必要はない。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
何かをしていて、「私は、あの人より上手くできる」とか「あの人みたいに、上手くできない」と感じる事はあると思います。
人間ですから、上手くできれば嬉しいし、できなければ落ち込んだりすることは、仕方がないことだと思います。

でも、誰かと比べて、上手く出来る、出来ないと考えるのであれば、それは必要のないことだと思います。
もし、比べることが必要だと思うのであれば、昨日の自分、半年前の自分といったように自分と比べることの方が意味があると思います。
半年前にはできなかったことが今はできる、昨日より少し上手くなったかなと自分の成長を確認し、あるいはやる気の源として比べるのも良いと思います。

小さい子供は、「〇〇ちゃんはできるのに、なんで僕はできないの」と駄々をこねることがあります。
人と比べて落ち込んだり喜んだりするのは、その気持ちと似ていると思います。

グループレッスンをしていると、「あの人はすぐに修正できるのに、なぜ自分はできないのかなぁ」「あの人みたいにすぐ出来るようになりたい」といわれる方がいらっしゃいます。
人それぞれ、感じ方も動きも違うので、すぐにできることできないことがあります。
それに、始めた時期が違えば、当然経験のある方の方が、早く修正できる可能性は高くなります。

早くできるようになりたい気持ちは分かりますが、あの人はできているのに…と考えている人は、そこから先がなかなか進めなくなります。
それは、焦りにつながるからです。
焦り始めると「なぜ自分だけできないのか」という気持ちにとらわれてしまいます。
そうすると、学ぶチャンスがあっても、素直にそのチャンスを生かすことができません。

人と比べるのではなく、自分が今できる事をしっかりやって、次に進む努力をした方が、結局は早く上達できるのです。
どんなことでも、人と比べて喜んだり落ち込んだりすることを止めて、まず、何かができた自分を褒めれば良いと思います。

自己肯定感を高め、他人と比べることなく、ゆっくりでいいから確実に前進していけるといいですね。

office ヒロセは、自分自身を認め、他人と比べることなく、できることを増やす努力をしています。
?Gg[???ubN}[N??