子供は正直?

bistro sousouランチコンサートオフショット

撮影者 中野耕司

「子供は正直?」
『子供はとっても正直。
どこにいても、いつもの動きをする。
子供の動きは、大人の姿を写す鏡。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
子供は、とっても素直です。
どんな場所にいても、いつもと同じ動きをします。
ということは、どこかに出かけて、大人は、少し気取って格好良く動いていても、子供は、いつもと同じように動きます。

それは、ごく自然なことで、いつもの動き、つまり家での動きが見えるだけのことです。
家での動きのお手本は、一緒に生活している大人ですから、子供の動きは、大人の動きの鏡なのです。
それが心地良いものであれば、その家庭の温かさや楽しさが想像できると思います。

先日、喫茶店で打ち合わせをしていた時、隣のテーブルに2歳くらいの男の子を連れたご夫婦が座られました。
トレーの上には、ご夫婦の飲み物とタルトが2つとスコーンが1つ…
席に着くとすぐ、男の子が手を合わせて「いたーきます」と可愛い声で言うのです。
「ちょっと待って、これで切ろうか」とお母さんが、ナイフを見せると、首を横に振ってすぐに食べたそうな様子です。

お母さんは、「小さく切って、食べやすくするね。分かった?」と穏やかな声で説明をしていらっしゃいました。
男の子は、駄々をこねることもなく、お母さんが切るナイフの動きを見つめて、ポロッと崩れるカケラを摘んで、こっそり口に運んでいました。
スコーンを切り終わって、お母さんがナイフを置くともう一度、手を合わせて「いたーきます」と可愛い声。
何気ない風景でしたが、そのご家庭の温かい風景が見える一幕でした。

駄々をこねずに、静かに待っていたことが、心地良いと思ったのではありません。
食べる前には手を合わせて「いただきます」と言い、すぐに食べたいと思っている子供に、お母さんが何をするのかをきちんと説明して、それを分かっている関係が心地良いと思ったのです。
もし、そこで泣き出したとしても、そこから見える親子の関係に、心地よさを感じたかもしれません。

いずれにしても、どこにいても首尾一貫変わらない親の態度が、子供の安心感と信頼を育てると思います。
子供の動きは、大人の動きを写す鏡です。
どんな時も、ブレない態度で、子供と向き合える良いですね。

office ヒロセは、ブレない心で動くよう心がけています。
?Gg[???ubN}[N??