餅は餅屋ですね~

四季桜と紅葉

撮影者 中野耕司

「餅は餅屋ですね~」
『餅は餅屋!
その分野に精通している人がいれば、スムーズに動ける。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
昔から「餅は餅屋」と言います。
「何事も、専門家に任せる方が良い」とか「いくら上手くできても、専門家にはかなわない」と言った意味で使われる言葉です。

素人が集まって、あれこれ考えて進むことも楽しいものですが、スムーズに物事を進めたい時は、やはり、専門家のアドバイスを受けたり、お任せすると良いと思います。
専門家ですから、最善の方法を使って、物事を進めてくれるはずです。

先日、ある方と二人で開催する講演会のチラシに使う写真の撮影をしました。
一人での撮影は、自分でもイメージがしやすいのですが、二人になると、途端に難しくなるのです。
どんな構図にするのか、衣装の色合いをどう合わせるのかなど、考えることが各段に増えていきます。
スタッフも一緒に見てはいますが、チラシに使いやすい写真となると、なかなか…

そこで、チラシを制作するデザイナーさんに同席してもらったところ、素早く、具体的で的確な指示が飛んできて、とってもスムーズ!
撮られる私たちは、細かい指示もあるので、ポーズも表情もつけやすく、カメラマンさんともサッと打ち合わせをして、撮影という流れで、次々と進んでいくのです。

撮影が進むうちに気付いたのですが、デザイナーさんの頭の中には、何パターンかのチラシのイメージがあって、それに沿って指示を出していらっしゃるようでした。
カメラマンさんは、「デザイナーさんがいらっしゃらなければ、あれも必要かな、これも必要かなと考えなければいけなかった。」「撮るのは構わないけれど、必要なものが分かれば、集中して撮りやすい。」と言われました。

自分たちでポーズや構図を決めて、カメラマンさんに伝えながら、撮影はできたと思います。
でも、それぞれの専門家が立ち会い、専門家同士の打ち合わせをしていただき撮影をしたことで、その場にいた誰もが納得できるものが、短時間で素敵に撮れました。

「餅は餅屋」の言葉通り、それぞれの専門分野のチカラを持ち寄り、スムーズに素敵なものが作り上げられると良いですね。

office ヒロセは、様々な専門分野の方と協力して、より素敵なものを作りあげられるよう心がけています。
?Gg[???ubN}[N??