思い込みは他人の意見を遠ざける?

宣材写真 花は咲く

撮影者 中野耕司

「思い込みは他人の意見を遠ざける?」
『思い込みが、自分のチカラに変わる時もある。
思い込みが耳を塞いでしまうこともある。
自分を肯定する思い込みで、自分を鼓舞しよう!』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
自分を肯定する思い込みは大切です。
「できている」と自分を肯定する気持ちは大切なのです。
人に何を言われても、自分ができていると思っているのですから、それはきっと、自分の中では、できているのだと思います。

ただ、それに対して、「これは、こうした方が良いよ。」とか「少し違っているよ。」なんて意見を言われた時に、耳をかさない姿勢はどうかと思います。
自分の思い込みが強すぎて、耳を塞ぎ、他人の意見を聞かないのは、ちょっともったいないと思います。
もしかすると、新しい情報が得られるかもしれないし、少し違っていることを修正できるチャンスかもしれないと考えれば、自分の思い込みでやっていたことを少し見つめ直すことができるからです。
思い込みを自分のチカラに変えるのは良いのですが、耳を塞いでしまうような思い込みすぎや、思い込みを人に押し付けるような言動は避けた方が良いと思います。

レッスンをしていても、「これはできないから」と最初から挑戦しない人がいらっしゃいます。
一度でもやってみて、できないと言うのであればまだしも、できないという思い込みだけで挑戦しないのは自分でチャンスをつぶしてしまっています。
やってみたら案外できるかもしれません。
そうすれば「できないという思い込み」は、「できるという思い込み」に変換することができるのです。

思い込みは、時として自分のチャンスを奪い、人からの素敵な忠告を無視する結果になることもあります。
逆に、自分を肯定する思い込みは、自分を鼓舞するチカラに変わっていきます。
いずれにしろ思い込むのであれば、思い込みをチカラに変え進んでいき、意見を言われたときには、それをまずは聞いてみると言う姿勢を持つことが大切です。
意見や助言を受け入れるかどうかは自分で決めれば良いのです。
良いと思えば自分の思い込みを書き換え、さらに前進するチカラに変えていけば良いのです。

思い込みをうまく利用して、力強く前進するチカラに変えていけると良いですね。

office ヒロセは、思い込みを書き換える勇気を持ち、前進するチカラに変えていきます。
?Gg[???ubN}[N??