応援は推進力になる

bistro sousouランチコンサートにて

撮影者 中野耕司

「応援は推進力になる」
「黙って見ていてくれる人がいる。
エールを送ってくれる人がいる。
どんな応援も推進力になる。」

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
何かを一生懸命にやっている人は、応援したくなります。
困難なことに向かって努力している人や一つのことを極めようと頑張っている人は、一生懸命な姿が見えるので、応援したくなる気持ちもひとしおです。

そんな風に頑張っている人だけでなく、家族のために一生懸命に働く人、気持ちよく過ごすために家事を頑張っている人、それが当たり前のようになっている人にこそ、本当は、応援が必要なのだと思います。

我が家は、「ご飯LINE」と名付けたグループLINEで、「夕飯は要らないよ。」「ご飯食べにいく?」などの連絡を取り合っています。
例えば、夕飯を作って出かける時は、何を作って、どこに置いてあるのかを伝えたり、「ご飯は、タイマーかけておきました、おかずは買ってきてください。」と状況を伝えたりしているのです。

先日、そのグループLINEに「ご飯の準備、ありがとう」と書いてあったのです。
その文字を見た時に、とても嬉しくて、「頑張ったね。」とエールを送られた気がして、「ちょっと忙しかったけど、準備して出かけて良かった。」と思いました。
それと同時に、ハッと気づいたことがありました。
それは、「こんな風に、きちんとありがとうと言えているだろうか」ということです。
「家族だから、いつものことだから」と、流してしまって、感謝という応援をする事を忘れてしまっているのではないかと思いました。

どんな小さなことでも「応援してくれている」と感じれば、嬉しくなり、前に進む推進力になるのです。
応援を前進する推進力にして、力強く進んでいけると良いですね。

officeヒロセのスタッフは、お互いの感謝の気持ちを言葉にして応援し合い、気持ちよく動けるよう心がけています。
?Gg[???ubN}[N??