気になることはやろう!

昔話de楽器にさわろう会の練習にて

「気になることはやろう!」
『気になることをそのままにしていると、
何となく、気持ちが重くなる。
気になることはやっておこう』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
「気になることがあるけれど、やりたくないなぁ。」「気になってるけど、まあいいか。」と思うことがあります。
気になるということは、「本当は、やった方が良い。」と心の隅っこで感じているのですよね。

どんな小さなことでも、気になることをそのままにしておくと、だんだんと気持ちが重くなっていってしまいます。
人は、「やらなきゃいけないなぁ。でも、やりたくないなぁ。」と自分の中でのやりとりを繰り返すうちに、やれない理由を探し出そうとします。

「だって、時間がないから。」と考えている時間にやってみれば良いのです。
「今日は、体調が悪いから。」それなら、やれない理由を探すのをやめて、休憩を取り英気を養って、体調を整えれば良いのです。

と言う私も、先日、ほんの些細なことがやりたくなくて、ダラダラと考えていました。
笑われてしましそうですが、実は、「掃除機をかけなきゃいけないなぁ~、でも、やりたくないなぁ」と自問自答の繰り返しなのです。
私の考えた掃除機をかけられない理由は、「文章を作らなくちゃいけないから、それを先にやる」だったのですが、足元の埃も気になって、一文字も浮かんでこないのです。
そうしているうちに、時間だけが過ぎて、何もできていないことに気持ちが重くなってしまいました。

しばらく、その気持ちに浸っていたのですが、「本当はやったほうが良い」の気持ちを思い出して、どちらを先にやるのかを考えました。
結果は、掃除が先!
綺麗になったお部屋で、気持ちよく文章を考えようと決めて動き出しました。
動き始めれば、案外、すんなりと動けて、予定していなかった片付けまでできました。

誰だって、何もやりたくないと思うときもあります。
本当に動けなければ、休憩するのも良いし、優先順位をつけてやってみるのも良いと思います。

気になることができない理由を探す自問自答の中に留まり過ぎて、気持ちを重くしてしまう前に、動き出せると良いですね。

office ヒロセは、優先順位をつけて動けるように心がけています。
?Gg[???ubN}[N??