嬉しいって言われたら嬉しい

ワン丸くんと一緒に

撮影者 中野耕司

「嬉しいって言われたら嬉しい!」
『自分の行動で、誰かが嬉しいって言ってくれたら嬉しい。
それは、誰かの思いを叶えるお手伝いができた証だから。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
「嬉しい」って言ってもらえたら、自分も嬉しくなります。
「嬉しい」という言葉は、物事が自分の思い通りに運んで喜ばしいとか、自分にとって良いことが起きて愉快、楽しいという意味です。

ということは、自分の行動で、向き合う相手が「嬉しい」と言ってくれたのなら、その人の望んでいた事ができたということになります。
100%望む事ができるわけではないけれど、ほんの少しでも、思いを叶えるお手伝いができる、言い換えれば、役に立つ事ができれば、人として、こんなに嬉しいことはないと思います。

だからといって、誰かの役に立つためには、自分の気持ちを抑えてでも動かなくてはいけないというのは、間違いです。
「役に立つために動く」ことばかり考えていると、押しつけになったり、上手くいかなかった時に、「こんなに相手のことを考えて動いたのに」と、不平不満につながってしまいます。
自分が楽しく動いた事が、結果的に相手の役に立つことになった、ということであれば、相手も自分も心からの嬉しさを感じる事ができるのです。

先日、友人に「今年は、バレンタインのプレゼントはしないの?」と聞いてみました。
友人は、お店のオーナーで、昨年は、バレンタインにお客様にお渡しするプレゼント作りをお手伝いしました。
それが、とても楽しかったので、今年はどうするのかな?と思って聞いてみたのです。

すると、「忙しくて、すっかり忘れていたけれど、今年も渡したい。」と言うので、材料をそろえて持って行き、2人で準備をしました。
ちょっとした物を袋詰めするだけなので、話をしながら、笑いながら作業をし、私自身は、それ自体がとても楽しく、良い時間を過ごしたと感じていました。

家に帰ると友人から「お客様に喜んでもらえそうで嬉しい。」と、LINEがはいっていました。
その言葉に、ほんわか心が温かくなり、とても嬉しくなりました。

ほんの些細なことでも、「嬉しい」と言われたら、本当に嬉しいものです。
嬉しいことは、しっかり言葉にして伝え、嬉しさを共有すれば良いのです。

どんなことでも、自分の楽しさの先に、誰かの嬉しさ、誰かの役に立てる事があると良いですね。

office ヒロセのスタッフは、思いを叶えるお手伝いをして、嬉しさを共有できるよう動いています。
?Gg[???ubN}[N??