物を大切にすることは人を大切にすること

お直しをした小銭入れ

「物を大切にすることは人を大切にすること」
『お気に入りの物は、長く使いたい。
傷んだら直して、また、使い続ける。
物を大切にすることは、それに繋がる人を大切にすること』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
どんな物でも、使い続ければ傷んできます。
傷んできて、使えなくなれば、同じ物や似たようなものを探して、買い換えて使います。

それは、ごくたり前のことですが、直して使い続けたいと思う、お気に入りの物もあると思います。
大切な人から頂いたり、思い出が詰まった品物は、物の機能も大切ですが、そのもの自体に愛着があるから、買い換えるよりそれを使い続けていたいと感じるのです。

使い続けたいお気に入りの物があることは、とても素敵なことです。
それは、単に物を大切にしているということではなく、出会った人との思い出や自分の歩いてきた道を大切にしているということになるからです。
お気に入りの物を手にする度に、「頑張ろう」「ここが踏ん張りどころ」と感じたり、ほっこり心が温かくなったりと、それを初めて手にした時の思いを感じることができるのです。

先日、友人が「この小銭入れを直して欲しい。」と言って、縫い糸が切れて使えなくなった小銭入れを持ってきました。
糸が切れて口が開いてしまっている所は、一か所でしたが、そこだけを直すと、なんだか不格好になりそうだったので、縫い糸を全部外して、縫い直すことにしました。

一針一針解きながら、一針一針縫っていくのですが、小銭入れを作った人もこんな風に縫っていたのかなと想像していました。
縫い進むうちに、心を込めて小銭入れを作った人やそれを友人のために選んだ人、そして、それを大切に使い、直してでも使い続けたいと思う友人の気持ちがここにあるのだなぁ~と感じました。

買い換えれば、もっとキレイな新しい物は手に入ります。
でも、お気に入りの物に込められた、様々なことを大切にできると良いなぁと感じました。

古くなった物を買い替えて、気分を一新するのも良いけれど、お気に入りの物を大切にして、そこに繋がる人達も大切にできると良いですね。

office ヒロセは、人も物も長く付き合えるよう心がけています。
?Gg[???ubN}[N??