呼吸を変えて人生を変える

広瀬まり誕生祭2020にて

撮影者 中野耕司

「呼吸を変えて人生を変える」
『浅い呼吸は、不安を呼ぶ。
深い呼吸で、自信を持って歩もう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
人は、呼吸をしないと生きていけません。
でも、「どんな呼吸をしているのか」と呼吸を意識している人は少ないと思います。

呼吸は、生きるために必要なことですから、意識をしないのは、当然といえば当然です。
意識しない分、浅い呼吸になっていることに気づかず、体が酸欠状態になり、疲れやすくなったり、不安感に襲われて、体調を崩してしまうこともあるのです。

では、どんな時に呼吸が浅くなるのでしょうか。
例えば、発表会やプレゼンテーションなど、人前で何かをする時、緊張で、息苦しい感じがしたことはありませんか。
そんな時が、浅い呼吸になっている時です。
他にも、猫背になって、前屈みの姿勢になると、肺が圧迫されて呼吸が浅くなります。

浅い呼吸が体調不良につながることを知り、対処の方法を知っていれば、呼吸が原因の体調不良は起こりにくくなります。
と、言っている私自身も、知らず知らずのうちに、浅い呼吸になって、なんとなく、うまく息が吸えていないと感じることがあります。

そんな時は、腹式呼吸を心がけると良いのです。
まず、足を肩幅くらいに開いて、頭と尾てい骨を真っ直ぐな棒が通っているようなイメージで姿勢を整えて立ちます。
軽く息を吸って、ろうそくを吹き消すような感じで、ゆっくり長く息を吐き出します。
息を吐き切ったら、鼻からゆっくりと息を吸います。
その時に、姿勢を崩さないように、出来るだけお腹を膨らますように息を吸います。
そして、また、ろうそくを吹き消すように息を吐きます。
これを3回やると、自然に深い息を吸うことができ、リラックスして、落ち着いていきます。

慣れないうちは、3回では足りないと感じるかもしれませんが、その時は、少し休憩をしてから、また、3回やってみてください。
続けてやりすぎると、頭がクラクラすることがあるので、気をつけてください。
私は、いつも「歌うことは健康になること」と言っています。
歌う時は、姿勢を正して、しっかり深い呼吸をしていますから、体も心も元気になり、自信も生まれてくると感じるからです。

現代は、音や光の刺激も多く、呼吸が浅くなりがちです。
深い呼吸を意識して、リラックスして、自信を持って歩いていけると良いですね。

office ヒロセは、深い呼吸を意識して、リラックスし健康的で自信に満ちた歩き方が出来るよう心がけています。

腹式呼吸の基本は、こちらから↓↓↓

?Gg[???ubN}[N??