声を出してストレス発散!

bistro sousouランチコンサートで歌う広瀬まり

撮影者 中野耕司

「声を出してストレス発散!」
『なんだか、思い通りに進まない…
何となく、気分乗らない…
ストレスを感じたら、声を出して発散しよう』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
物事が思い通りに進まないと感じたり、なんだか気分が乗らないと思う時は、きっと、知らない間にストレスを溜め込んでいます。
そんな時は、ストレスを発散して、気分を変えちゃいましょう。

発散の方法は、人それぞれ、いろいろあると思います。
どんな方法でも良いから、とにかく、何か行動を起こして、ストレスを発散する、自分なりの方法を持つことが大切です。

ストレスを発散する一番手軽な方法は、声を出すことです。
特別な道具も広い場所もいりませんから、家で、思い立った時に声を出して、気分を変えることができます。
歌が好きなら歌えば良いし、本が好きなら音読をすれば良いのです。

その時に、お腹から声を出すコツをつかめば、より気持ちよく声が出せます。
姿勢を整えることで、お腹から声が出しやすくなりますから、やってみてください。

1、足を肩幅に開いて、爪先が上がらない程度に、かかとに体重をかけて立つ。
2、頭と尾てい骨を通って、棒が刺さっているようなイメージで背筋を伸ばす。
3、親指を背骨の近くに持っていき、胸を開くようにして腰に手を当てる。
4、お腹を膨らませながらゆっくり息を吸って、声を出す。
胸を開く感覚がわかれば、腰から手を離しても大丈夫です。

椅子に座って声を出す時は、
1、足がしっかり床につくように、浅く腰掛ける。
2、頭と尾てい骨を通って、棒が刺さっているようなイメージで背筋を伸ばす。
3、両手の親指と人差し指を立てて、Lの形を作り前に倒す。
3、おへその15㎝くらい前で、親指と親指、人差し指と人差し指を合わせて、グッと力を入れる。
4、お腹を膨らませながらゆっくり息を吸って、声を出す。
姿勢を整えるコツをつかめば、お腹から声を出せるようになり、喉にあまり負担をかけずに声が出せるようになります。

気持ちよく声を出して、うまくストレスが発散できると良いですね。

office ヒロセは、気持ちよく声を出して、うまくストレスを発散しています。


?Gg[???ubN}[N??