2020年5月

ダウンロードできる曲が増えました!

広瀬まり CDジャケット

「ダウンロードできる曲が増えました!」
『広瀬まりのオリジナル「今こそ元気!」と
発音練習曲「べっぴんヴォイス発音編』が
ダウンロードできるようになりました。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
広瀬まりのオリジナル曲「今こそ元気!」と日本語の発音練習曲「べっぴんヴォイス 発音編」が、ダウンロードできるようになりました。

「今こそ元気!」は。2011年3月11日に起こった、東日本大震災の応援歌として作り、CD「光さすところ」に収録した曲です。

最近、「元気が出る良い曲だね。ダウンロードできないの?」とのお声をたくさんいただいたので、ダウンロードできるようにしました。
シンプルなメロディと伴奏、何よりも「君の声が聞こえると、なんだか嬉しいな…」で始まる、一人じゃないと思わせてくれる歌詞が、元気を運んできてくれます。

「べっぴんヴォイス 発音編」は、発音が甘くなりがちな「か行、た行、ぱ行、ら行」の発音練習の曲「カカ・わはは」「走るよ タ・タ・タ」「鳥の羽 パタパタ」「お花畑 ルラ」の4曲と声出し練習の「うたうことがすき」の5曲とそれぞれのカラオケを収録しています。

歌いながら、はっきりとした発音を身につけることができます。
べっぴんヴォイスレッスンでは、この5曲を使って、歌うことの基本を学ぶレッスンをしています。
試聴できますので、ぜひお聞きください。

他にも、
恋する人に会うことのできない、切ない気持ちを歌ったシングル
『十六夜』

1、十六夜詞 広瀬まり曲 はっちゃん・広瀬まり

自分探しをしているあなたへ贈るアルバム
『祈ろう~power of songs~』


1 祈ろう ~to the past~詞・曲 広瀬 まり
2 夢の宝物 詞・曲 広瀬 まり
3 そばに・・・ 詞 広瀬 まり 曲 よしかねたくろう
4 PM 6:00 詞 広瀬 まり 曲 溝口 道晴
5 飛び立つ君に 詞 広瀬 まり 曲 よしかねたくろう
6 ずっと ありがとう 詞・曲 広瀬 まり
7 祈ろう ~to the future~ 詞・曲 広瀬 まり

CDは、
心が疲れたあなたへ『光さすところ』
自分探しをしているあなたへ 『祈ろう~power of songs~』
素直になりたいあなたへ 『記憶…』
発音練習曲『広瀬まり べっぴんっヴォイス 発音編』

※楽曲ダウンロード
https://linkco.re/1fTGQ4s4

広瀬まり楽曲ダウンロード

APPLE MUSIC、spotify、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited の会員の方は、「広瀬まり」で検索!

※officeヒロセSTORE (CD)
https://2288.stores.jp/

自分の良い所に気付こう!

広瀬まりのべっぴんヴォイスレッスン

「自分の良い所に気付こう!」
『自分の良い所は、気付きにくい。
良い所を数えて自信につなげよう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
ある人に「あなたの良い所、好きな所を、20個教えてください。」と言われました。
「真面目、明るい、優しい…」
いくつかは、挙げられても、20個を考えるのは、結構大変でした。

「では、あなたの悪い所、嫌な所を20個教えてください。」とも言われたので、考えていると、今度は、スルスルと口をついて出てくるのです。
多分、その時に、自己評価が低いと言われたような気がしますが、あまり気にしていませんでした。

「自分のやりたいことをやって、自分なりにいろいろなことを企画し、楽しく過ごせているのだから、良いよね。」と思っていたのです。
確かに、歌い手としてもボイストレーナーとしても、自信がないわけでもないし、独自のメソッドでレッスンできることにも満足していました。

今までは、対面での講座やレッスンが主でしたので、その場の雰囲気や生徒さんとのやり取りの中で、流れを変えることも多く、自分の頭の中だけで組み立てて進めていました。
ところが、リモートでの講座やレッスンの企画を考えることになり、より明確にメソッドの目的や効果を明文化しなければいけなくなりました。

そのために、メソッドの一つ一つを検証し、確認をする中で、改めて「べっぴんヴォイスメソッド」の独自性に気がつきました。
音楽大学に通った訳でもなく、体の仕組みを学んだわけでもない私が、経験し、様々な分野の方々から学び、気づいたことを組み合わせ、検証して作り上げているメソッドですから、独自性があることは、わかっていたはずなのです。
それが、一番の良さであり、強みであるはずなのに、それをすっかり忘れて、自己評価の低い私が、顔を覗かせていました。

私の良い所は…
分野にこだわらず学ぼうとする
素直に感動できる
伝えるために方法を考える
形にして実行する
と、少し考えただけで、良い所が出てきて、なんだか嬉しくなりました。

それと同時に、私が提案する「べっぴんヴォイスメソッド」は、私の良い所がたくさん詰まっていると感じ、今までよりももっと、自信を持って伝えようと思いました。

自分の良い所は、気づきにくいものですが、良い所を数えて、自信に繋げられると良いですね。

office ヒロセは、自分の良い所を数えて、前進する自信に繋げています。

YouTubeチャンネル「marippetv」で、『べっぴんヴォイスレッスン』をご覧ください。

試行錯誤は楽しい?!

リモートレッスン準備中の広瀬まり

「試行錯誤は楽しい」
『何かを作っていく時は、試行錯誤をする。
少しずつ、理想の形に近づいていく過程が楽しい。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
どんなことでも、一発OK!となることは少ないのです。
「ここを直したら、良くなるんじゃないかな」「こうした方がよりわかりやすいかな」と、試行錯誤をしながら、理想の形に近づけていきます。

それって、楽しいと思いませんか。
確かに、どう修正して良いのか分からない時は、辛いと感じますが、それでも、悩んだ末に修正して、それがうまくいった時の達成感は、なんともいえません。
たとえ、上手くいかなかったとしても、試行錯誤する過程は、できるだけ楽しく悩もうと、心がけることが大切です。

どこにヒントがあるのかは分からないのですから、眉間にシワを寄せて、難しい顔をして、一人で考えることに行き詰まったら、笑顔で、全く違う分野の人と話してみても良いのです。

違う世界に触れることで、課題に対する見方が変わるかもしれません。
「どうしても譲れない」と思っていたことが、「なぜこんなに固執していたのだろう」と、思えるようになることもあります。

私の場合は、一つのことを考えすぎると、気分が悪くなることがあるので、そうなる前に、誰かと話をしたり、何かの作業をして、一旦、考えることからスパッと離れます。

例えば、折り紙やスピンドルでの糸紡ぎ、コンロの汚れ落としなどに没頭するのです。
作業に没頭している間は、目の前にある紙や毛糸、汚れだけに集中でき、次に課題に向き合った時に、何だか楽しく感じるのです。

最近、私が、試行錯誤していることは、レッスンの進め方です。
リモートでのレッスンも多くなっているので、リアルに対面した時とは変えなければいけないことも沢山あります。
より分かりやすく伝えるために、どんな表示が良いのか、どんな言葉を選べば良いのかを考えています。

そして、質問されることが多くなった、コミュニケーションツールとしての声のお悩みの解決方法もどんな風に伝えたら、より分かりやすいのかも試行錯誤中です。

試行錯誤することは、時に辛いこともありますが、その過程を楽しみながら、より良く修正していけると良いですね。

office ヒロセは、試行錯誤する過程を楽しみながら、より良い方法を提案していきます。

心は揺れても良いんじゃない?!

bistro sousouランチコンサートにて

撮影者 中野耕司

「心は揺れても良いんじゃない?!」
『あれにしようか、これにしようか、と、心が揺れることがある。
心は揺れても良いんじゃないかな。
揺れるからこそ、必要な決断ができる。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
日々の生活の中には、大小さまざまな選択を迫られます。
「朝食は、何にしよう。」「これは、どこに片付けよう。」と、ある程度、簡単に選択できることもあれば「どの道に進むのか」と、人生を左右する選択をしなければいけないこともあります。

重大な選択ほど、何を選ぶのかを悩みます。
当たり前ですよね、人生がかかっているような大きな選択を、軽々しく決めることなどできませんから。

そんな時に、「揺れない心で、ブレない自分になりたい。」と思ったことはありませんか。
少なくとも、以前の私は「揺れない心になれば、ブレることはない。」と、思っていました。
でも、揺れない心でパッと決める良さと、心が揺れて、迷って悩んで決める良さがあることに気づいたのです。

すぐに決められることというのは、その時に、やりたいと思っていることや何を選んでもあまり大差がないこと、例えば、朝食のメニューのようなものだから、それは、それで良いのです。

逆に、迷い、悩むということは、人生の岐路での重要な選択や、やりたくてもリスクがあるとわかっている選択だから、心が揺れるのです。
と考えると、心が揺れて、迷うほどの選択をするって、素敵なことだと思いませんか。
心を揺らして、迷った後に決めたことなら、きっと、どんな選択だったとしても、後悔は、ないはずです。

確かに、迷い、悩んでいる時は、苦しいです。
苦しさを味わい、迷い悩んで決めたことは、自分にとって大切な決断をした、自分で決めたのだと、責任と自信につながります。

揺れない心が、ブレない自分を作るのではなく、大小さまざまな、心の揺れと決断を経験して、徐々にブレない自分が出来上がっていくのです。

心が揺れること良しとして、迷い悩み、今の自分にとって、必要な決断ができると良いですね。

office ヒロセは、迷い悩むことを恐れず、その時のベストな決断を心がけています。

ふと立ち寄った場所で、ホッと一息

カフェ 百時にて

「ふと立ち寄った場所で、ホッと一息」
『気になって、ふと立ち寄った場所。
心和むモノたちのお出迎えに、ホッと一息。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
久しぶりに立ち寄った街は、懐かしさと驚きを同時に感じさせてくれます。
ふと思い立ち、ずっと以前に暮らしていた街の商店街を訪ねてみました。

二十数年前と変わらない佇まいの建物に、あの頃の匂いを思い出し、ここは、何があった所だったかしら、と空き地を眺めて考え、そういえば、〇〇さんは元気かしらと思いを馳せるのはとても楽しい時間でした。
もちろん新しいお店もあり、知っている街に吹く新しい風も心地よく感じました。

その中で、一軒、気になるお店を見つけました。
一見、入りにくい、何のお店なのかよくわからない感じなのですが、そっと覗いてみると、「チーズケーキ」と書いてある可愛いボードがあり、クリエーターさんが作った可愛いアクセサリーが並んでいるのです。

おっかなびっくり入って行くと、足元は三和土(たたき)で、そこにテーブルと椅子があり、男の人が座っていました。
一瞬、お店の人が、何か仕事をしていらっしゃるのかと思ったのですが、なんだか違うようです。

さらに奥に進むには、少し勇気がいったのですが、ケーキの陳列ケースが見えたので、進んで行くと、半畳ほどの靴脱ぎです。
まごまごしていると「靴を脱いでお上がりください。」とお店の方が声をかけてくださいましたが、ケーキのテイクアウトのお店なのか、喫茶店なのかが分からず、また、まごまごしてしまいました。ww
案外気が小さいのです、私…

やっと、お茶をいただけるお部屋に入ったのですが、そこが、とても素敵な場所なのです。
一言で言えば、古民家の居間です。
そのお部屋の床間や仏間には、いろいろなクリエーターさんの作品が並べてあり、台として使われていた箪笥も、取手が取れてはいますが、その家で使っていたのかな?と想像できるモノなのです。

目に触れる全てが、柔らかく、温かい雰囲気を醸し出して、本当に穏やかな気持ちになりました。
お店の方にお聞きしたら「築80年くらいで、以前は、お婆様がお一人で、種屋さんをやっていたお家です」と教えてくださいました。

その言葉を聞いた途端、脳裏に昔見た、種屋さんの情景が浮かび、ほんの一瞬のタイムトリップに、心が震えました。
思い立って訪ねた懐かしい街で、新しくて懐かしい体験ができ、本当に嬉しく楽しかったです。

時には、気になる場所にふと立ち寄り、心和むモノたちと出会えると良いですね。

office ヒロセは、心和むモノたちとの出会いを大切にしています。

息を吐いたら落ち着くよ

広瀬まり 宣材写真より

撮影者 中野耕司

「息を吐いたら落ち着くよ」
『なんだか肩に力が入ってる。
そんな時は、思いっきり息を吐こう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
慣れない環境にいたり、慣れない状況が続くと、知らない間に肩に力が入ってしまいます。
肩に力が入っているということは、緊張しているということなのです。

そうですよね。
慣れない環境や状況なのですから、対処の方法がわからなかったり、普段通りに動けなかったり、緊張する場面が多くなります。
発表会やプレゼンの時ように、本番の時間だけ緊張して、それが終われば、ゆったりとできるわけではないのですから、知らない間に、どんどん肩に力が入り、体がずっと緊張している状態になってしまうのです。

緊張が続けば体が休まる時間が減り、疲れが取れない、落ち着かない、パフォーマンスが下がる…と、あまり良い状態ではなくなってしまいます。
それを防ぐには、腹式呼吸を意識して、落ち着く時間、リラックスする時間を作らなければいけません。

最近の私は、コンサートや講座、サークルは開催できないので、空いた時間でYouTubeの動画撮影などに加えて、リモート講座の企画や資料作りをしています。
その一つ一つは、とても楽しいのですが、慣れないことも多いので、気付くと肩が上がって力が入っていることが多くなってしまいました。

「リラックスしましょう。腹式呼吸を意識しましょう」と伝えているのに、その状態は、とても恥ずかしいのですが、慣れないことが続くと、本当に知らないうちに肩に力が入ってしまうのです。

そんな時は、フーッとゆっくり長く息を吐いて、お腹を意識しながら、ゆっくり息を吸ってみてください。
3回くらい繰り返すと、気持ちが落ち着いて、ふっと体の緊張が取れます。

「慣れないことだけど、いろいろなことをやらなくちゃいけない」と気持ちだけ焦って、肩に力が入っていた私も、しっかり息を吐き、腹式呼吸をして、落ち着きを取り戻しました。

近年は、PCやスマホ、タブレットを使う機会が多い生活ですから、肩こりを感じる人も多くなっています。
肩に力が入れば、さらに肩がこります。

しっかり息を吐く腹式呼吸で、体の緊張をほぐし、落ち着いていろいろなことに取り組めると良いですね。

office ヒロセは、しっかり息を吐いて、体の緊張をほぐすよう心がけています。

↓ ↓ ↓腹式呼吸のイメージは、こちらをご覧ください↓ ↓ ↓

最後は「ありがとう」で締めくくろう

色変わりの薔薇の花

「最後は、『ありがとう』で締めくくろう」
『いろいろな感情が湧き上がる。
でも、最後は、「ありがとう」で、締めくくろう。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
人間ですから、いろいろな感情が湧き上がる瞬間があります。
大きく分ければ、楽しい、感謝、嬉しい、安心のような、プラスの感情と、怒り、悲しい、嫉妬、不安のようなマイナスの感情があります。

プラスの感情が湧き上がる瞬間は、自分にとって良い状況なのですから、そのまま、その感情に浸れば良いのです。
でも、マイナスの感情が湧き上がる瞬間は、都合の悪い、あるいは、理不尽な状況にあるのですから、心身共に傷ついてしまいます。
傷ついたまま放っておけば、傷は大きく、痛みはひどくなり、危うい行動に繋がってしまうかもしれません。

そうならないように、マイナスの感情をコントロールしなければいけません。
コントロールと言っても、「マイナスの感情を持たないようにしよう」と言いたいわけではありません。

プラスであれ、マイナスであれ、感情が動くことはステキなことです。
それは、生きている証なのですから、どんな感情にも浸り切れば良いのです。
ただ、充分に浸った後は、まずは、形だけで良いから「ありがとう」の言葉を口に出してみると良いのです。

先日、十代の女の子から相談がありました。
「彼氏と連絡が取れない。ずっと一緒にいるって約束したのに、電話にも出ない、LINEも既読にならない。」と言い、暴言も口にしていました。
心の奥から湧き上がる、怒りや悲しみ、不安の感情をストレートに表現していたのです。

私は、彼女に、「泣いても叫んでも良いよ。一頻りそれをしたら、ありがとうって言って終わろう。また、泣いて叫んで、その度にありがとうで終わろう。そうすると、いつか落ち着いて、次に進む糧に気づくから。』と伝えました。

マイナスの感情は、プラスの感情のように、そのまま浸っていると、相手を責めるか自分を責めるしかないと感じるようになります。
コントロールしなければいけないのは、ここです。

最初は、形だけの「ありがとう」だったとしても、繰り返し口にするうちに、時間はかかっても、だんだんと気持ちが落ち着きていきます。
落ち着いて、感情が湧き起こった状況を考えて、いろいろと気づいて、その経験を「ありがとう」と思えるように変わっていけば良いのです。

人は、いろいろな経験を重ねながら、優しく強くなっていきます。
マイナスの感情で、自分を傷つけ続けるのではなく、「ありがとう」で落ち着いて、明日への糧に気付けると良いですね。

office ヒロセは、感情の動きを大切に、マイナスの感情は、糧にする努力をしています。

気分を一新してやる気満々?!

美容室 flash

「気分を一新してやる気満々?!」
『人それぞれ、気分を一新する方法がある。
気分を変えて、やる気満々?!』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
「怠けているわけではないけれど、やる気が出ない」と思う時があります。
「やる気が出ないけど、やらなきゃ」と思えば思うほど、やる気がなくなっていくのは、私だけでしょうか…ww

人は、ちょっとしたことで、気持ちをガラッと変えることができます。
例えば、お部屋のカーテンを変えたり、プチ贅沢なランチをしたり、お気に入りのモノを身に付けたりするだけで、気分が変わった経験がある人も多いと思います。

だとすれば、気分を一新する自分なりの方法を持っていれば、「やる気が出ないけど、やらなきゃ」と思った時に、それを使って、やる気を引き出しちゃえば良いのです。

私の場合、毎朝の小さなやる気は、お化粧と洋服選びを利用して、やる気のスイッチをオンにしています。
お化粧は、あまり得意ではないけれど、お化粧もせず、洋服も選ばずに着てしまうと、なんだか、一日中ダラダラと過ごしてしまうのです。

そして、気分を一新したいと思った時には、髪を切りに行きます。
髪を切る事だけが気分を変えてくれるのではなく、お気に入りの美容室で、お気に入りの美容師さんと話をしていると、リラックス、リセット、リフレッシュ、ができるのです。

と、言ってはいますが、実は、少し前まで、一番苦手な場所が美容室だったのです。
「髪を切って、失敗したら、取り返しがつかない、失敗のないように説明しなきゃ。」と心のどこかで思っていたらしく、美容室=緊張する場所だと感じていました。

ですが、今は、同じくらいの年齢のカットの上手い美容師さんに出会ったことで、美容室で、リラックス、リセット、リフレッシュして、気分を一新することができるようになりました。
苦手だった場所が、気分を一新できる場所に変わることもあるのですから、思わぬ方法で気分が一新できるようになるかもしれません。

生きているのですから、やる気が出ない時だってあります。
気分を一新する自分なりの方法を見つけて、やる気満々で、いろいろなことに挑戦できると良いですね。

office ヒロセのスタッフは、それぞれに、気分を一新する方法を見つけて、やる気満々で進んでいます。

変化を受け入れる気持ちは大切

広瀬まり誕生祭2020にて

撮影者 中野耕司

「変化を受け入れる気持ちは大切」
『どんなことでも、変化し続けている。
変化することを恐れず、受け入れる気持ちが大切。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
世の中には、変化しないものはありません。
毎日使っている物も、流行も、自分の気持ちも、変化のスピードは違っても、永遠に変わらないものはないのです。

緩やかな変化なら、ゆっくりと対応を考えて変化に合わせていけば良いのですが、急激な変化は、受け入れ難く、不安も大きくなるので、どうして良いのかわからなくなってしまうことも多いのです。

それでも、変化と向き合い、一つ一つの障壁と向き合って進んでいくしかないのですから、どんな急激な変化でも、受け入れる気持ちだけは、忘れないようにしなければいけません。
受け入れる気持ちを持ち続けることで、すぐには対応ができなくても、対応する方法を考えることはできますから、いずれ、変化に対応できることになります。

対応すると言っても、新しい方法を考えることだけが対応ではありません。
自分がやってきた方法を守り続けるという対応も、新しい方法をプラスするという対応もあるはずです。
そして、全く新しい方法を考え出して、変化に対応こともあるはずです。

要するに、「急激な変化についていけない」と、サジを投げなければ、対応策は見つけ出せるはずです。
と、これは、自分を鼓舞するために綴っている言葉でもあります。

私の仕事は、イベントを企画したり、講座を担当したり、レッスンをしたりすることです。
今は、それが、なかなかできない状況ですので、苦しいことはたくさんあります。
それでも、「もう、やめた!」と今までやってきたことを手放す気持ちにはなれないので、続けていける方法を模索しています。

何が正解なのか、どうすれば良いのかわかりませんが、思いついたことをやり、今までやってきたことを見直しています。

携わる仕事によって、変化に対応する方法は様々だと思いますが、変化を受け入れ、変化することを恐れず対応していく気持ちが大切なことは、同じだと思います。

変化と向き合い、受け入れ、その先の自分の判断を信じて、しっかり歩いていけると良いですね。

office ヒロセは、変化を恐れず、受け入れ、自分の選択を信じて進んでいきます。

無理は禁物!

バランスボール&バランスディスク

「無理は禁物!」
『無理のし過ぎは禁物!
体を痛めては、元も子もないよね。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
日々、いろいろなことが起こります。
その度に、選択して決断して、また、選択して決断して、と繰り返しています。

その繰り返しは、誰だって楽にできる訳ではありません。
少し無理をして、少し背伸びをして、踏ん張りどころだと自分に言い聞かせて、頑張っていく、その積み重ねが逆境を乗り越える、精神的な強さを育てます。

体力的なことを考えると、何もしなければ、筋力が落ちて、代謝が悪くなり、パフォーマンスが下がっていきますから、やはり、トレーニングが必要です。

「歌う時にそんなに体力がいるの?」と思われる方もあるかもしれませんが、歌い手もアスリートです。
スポーツ選手のような筋肉は必要ありませんが、体の使い方で声の出方も変わりますし、ステージを努めるための持続力も必要です。

最近、パーソナルトレーナーから、新しい動きのトレーニングを提案され、取り組み始めました。
それ自体は、難しくもないし、そんなに時間もかからないので、縄跳びも加えてみました。

「以前縄跳びをしたのはいつだったかしら…」と思うほど久しぶりでしたので、驚くほど飛べず、自分でも笑ってしまいました。
それでも、続けていくうちに、徐々に飛べるようになり、飛べるようになると、なんだか嬉しくて、どんどん飛んでいました。

縄跳びを始めてしばらくした、少し肌寒い日に、屋外での作業中、少し重い荷物を持ち上げたら、腰の筋肉がグニョグニョと変な動きをして、痛みを感じました。
そうです、やらかしちゃいました。

ぎっくり腰ではありませんが、疲労と冷えで、腰が悲鳴をあげたのです。
その日からしばらくは、「よっこらしょ」という感じでしか動けず、トレーニングどころではありませんでした。

後から考えてみると…
縄跳びを飛んだ後は腰が痛かったけれど、ケアをしていなかったし、寒いと感じながらもケアせず、作業を続けていた自分を反省しました。

楽しく頑張るのは、とても素晴らしいことですが、体も心も疲れを知らないわけではありません。
程よいところで休憩をし、ケアをして、無理し過ぎないように心がけられると良いですね。


office ヒロセは、無理せず、頑張れるよう心がけていきます。