心は揺れても良いんじゃない?!

bistro sousouランチコンサートにて

撮影者 中野耕司

「心は揺れても良いんじゃない?!」
『あれにしようか、これにしようか、と、心が揺れることがある。
心は揺れても良いんじゃないかな。
揺れるからこそ、必要な決断ができる。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
日々の生活の中には、大小さまざまな選択を迫られます。
「朝食は、何にしよう。」「これは、どこに片付けよう。」と、ある程度、簡単に選択できることもあれば「どの道に進むのか」と、人生を左右する選択をしなければいけないこともあります。

重大な選択ほど、何を選ぶのかを悩みます。
当たり前ですよね、人生がかかっているような大きな選択を、軽々しく決めることなどできませんから。

そんな時に、「揺れない心で、ブレない自分になりたい。」と思ったことはありませんか。
少なくとも、以前の私は「揺れない心になれば、ブレることはない。」と、思っていました。
でも、揺れない心でパッと決める良さと、心が揺れて、迷って悩んで決める良さがあることに気づいたのです。

すぐに決められることというのは、その時に、やりたいと思っていることや何を選んでもあまり大差がないこと、例えば、朝食のメニューのようなものだから、それは、それで良いのです。

逆に、迷い、悩むということは、人生の岐路での重要な選択や、やりたくてもリスクがあるとわかっている選択だから、心が揺れるのです。
と考えると、心が揺れて、迷うほどの選択をするって、素敵なことだと思いませんか。
心を揺らして、迷った後に決めたことなら、きっと、どんな選択だったとしても、後悔は、ないはずです。

確かに、迷い、悩んでいる時は、苦しいです。
苦しさを味わい、迷い悩んで決めたことは、自分にとって大切な決断をした、自分で決めたのだと、責任と自信につながります。

揺れない心が、ブレない自分を作るのではなく、大小さまざまな、心の揺れと決断を経験して、徐々にブレない自分が出来上がっていくのです。

心が揺れること良しとして、迷い悩み、今の自分にとって、必要な決断ができると良いですね。

office ヒロセは、迷い悩むことを恐れず、その時のベストな決断を心がけています。
?Gg[???ubN}[N??