プロの話は面白い!

江馬氏館跡庭園 下館跡

「プロの話は面白い!」
『どんな分野でも、プロのお話は面白い。
難しいことをわかった気にさせてくれるから。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
どんな分野でも、その道のプロのお話は、とても面白いと思います。

普段の生活ではほとんど触れることのない、科学や物理のお話でも、「実は、生活の場面で利用しているのです」とお話しをしてくださると、とても身近に思え、楽しくお話を聴き、面白いお話しだと感じます。

逆に、生活に密着した、掃除や料理のお話なら、「こんな工夫ができます」とお話ししてくださると、身近でも気づかなかったことに気づき、やはり、面白いお話しだと感じるのです。

どちらの場合も、プロとしての知識の豊富さと身近なことを通して伝えてくださる、つまり、難しい理屈は抜きにして、わかりやすく伝えてくださるからこそ、「さすが、プロのお話は面白い!」と感じるのです。

先日、岐阜県の神岡町にあリ、国名勝に指定されている「江馬氏館跡庭園 下館跡」に行って来ました。
復元されているのは、主人とお客様が対面する「会所」と呼ばれる建物ですが、そんなに大きな建物ではなく、10分もあれば、一通り見学できる感じの規模です。

そぼ降る雨の中訪ねたので、他にお客様はいらっしゃらず、ゆっくりと解説をしていただきながら、見学することができました。
その解説は、とても面白く、どんどん引き込まれていくのです。

復元した会所の細かな部分の説明はもちろん、ご自分が見聞きし調べたこと、発掘から国名勝に指定されるまでの経緯などを丁寧にお話ししてくださいました。
質問にも丁寧に答えてくださり、とても分かった気分になり、気がつくと一時間以上経っていて、ビックリしましたが、時の経つのを忘れるほどのお話が聞けたことを本当に嬉しく思いました。

その方が、どこの所属の方なのかはわかりませんが、少なくとも、その場の解説のプロだということはわかりました。
そして、自分自身を振り返り「この方のように、わかりやすく楽しく伝えられているだろうか」と思いました。

コンサートでも講座でも自分が伝えたいことは、出来るだけわかりやすく伝えようと心がけていますが、繰り返すうちに、丁寧さを欠いてはいないだろうかと考える機会になりました。
「どんな分野でもプロのお話は面白い」と感じている私が、プロとして同じように感じてもらえるよう、さらに、努力しようと思いました。

職業としてのプロはもちろんですが、人は、それぞれ得意なことがあり、少しずつ何かのプロなのだと思います。
どんな小さなことでも得意なことを見つけ、それを磨き、楽しく面白く伝えることができると良いですね。

office ヒロセは、身近な言葉で分かりやすく説明し、楽しく伝えられるよう心がけています。
?Gg[???ubN}[N??