やっぱり楽しい!!

久しぶりのギターにご満悦の広瀬まり

「やっぱり楽しい!!」
『何十年かぶりで、ギターを弾いてみた。
思い通りに弾けないし、指は痛いし…
でも、やっぱり楽しい!!』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
好きなことは、何年経ってもやっぱり好きで、楽しいものです。

私が、初めてギターを手にしたのは、中学2年生の時、3年生を送る会で「精霊流し」を友人と歌うことになり、ギターで伴奏をした時でした。
それまで、ギターに触ったこともないのに、無謀にも伴奏者として名乗りをあげたのですから、必死で練習しました。ww

それ以来、高校を卒業する頃までは、さだまさしさんや中島みゆきさんの曲、うた本に載っているフォークソングを家で歌っていました。
ギター演奏あるあるの「バレーコード」(六本の弦を一本の指で全部押さえるコード)がうまくできなかったので、何となくごまかしながら弾いて、人前で、弾き語ろうなんて思ってもいませんでした。

高校を卒業後は、バンドで、アルトサックスを吹き、ヴォーカルに転向してからも、自分でギターを弾く機会は、ほとんどなくなりました。
それでも、ピアノ伴奏の時とは違う感覚で歌えるギターの音は大好きでした。

今年の春ごろから、外出の機会が減ったので、思い切って、また、ギターを始めようと思い立ち、今回は、バレーコードもしっかりマスターしようと決心して練習を始めました。
が、なかなか上達しませんね~ww

昔、使っていた楽譜を引っ張り出して弾いてみるのですが、ごまかしていたところはやっぱり弾けず、一から取り組み直しです。
指は痛いし、思うように響かないし、中途半端にしか歌えないし、イライラすることもあります。
そんな状況に、凹むかと思いきや、これがとても楽しくて、時間が許せば、一日中でも弾いていたくなります。

そして、コンサートの時に弾き語りを一曲演奏するという目標も決め、モチベーションを保つために、YouTubeに動画を上げてみました。
これをスタートに、コンサートで弾き語りができるように、練習します。

たとえうまくできなくても、好きなものは好き、練習も苦痛じゃないし、やっぱり音楽は良いな~と改めて感じています。

自分が好きだと思うことを思い切りやって、楽しい時間が増えると良いですね。

office ヒロセは、好きなことを思い切りやって、その楽しさを伝えていきます。

?Gg[???ubN}[N??