真面目は素敵!でもね…

練習 ハーモニー春日井にて

「真面目は素敵!でもね…」
『真面目にいろいろなことに取り組むことは、とても素敵!
体の声も真面目に聞こう!!』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
どんな事でも、真面目に取り組む姿勢は、素敵です。
自分のやりたいことに没頭し、真面目に真摯に取り組む姿は、見ていて気持ちの良いものです。

結果を出そうと、寝食を忘れて取り組んでしまう時もあると思いますが、それは、長い目で見れば、遠回りになってしまいます。

何故って…
文字通り、寝食を忘れて真面目に真摯に取り組んでいるというのなら、きっと、結果より先に、体を壊してしまうからです。

体を壊せば、その治療に専念しなければいけなくなるし、治療もせず、さらに無理をして取り組み続ければ、命さえも危うくなってしまいます。
そんな取り組み方は、真面目ではなく無謀と言われても仕方がありません。

真面目に物事に取り組むということは、体の声も真面目に聞いて、ケアをしながら進んでいくということなのです。

先日、レッスンを始めたばかりの生徒さんから「少し体の調子が悪いけれど、頑張って練習しています」との報告がありました。
新しいことを始めたら、体が驚いて、普段とは違った状態になることはあります。
そんな時は、一旦、休憩をして、自分の状態をきちんと把握することが大切なのです。

私は、休憩することも、大切な練習の一つだと考えています。
自分の状態に合わせて、練習するのか、休憩するのかを見極めることが、自分の体をコントロールするのに役に立つからです。

実は、10年くらい前に、うまく声が出せなくなり、お客様に謝りながら歌った経験があります。
その時は「うまく声が出せないのだから、とにかく練習しなくちゃ」と喉を酷使して練習し、解決するどころか、より、悪化させてしまいました。
そのステージでの情けない、悔しい気持ちが、体をケアすることの大切さを教えてくれました。

それ以後、セルフケアや、パーソナルトレーナーの指導で、真面目に体と向き合い、ケアするようになりました。

休憩することは、決して悪いことではありません。
やりたいことをやり遂げようと思うなら、無謀な取り組み方ではなく、体の声もしっかり聞くことを忘れず、真面目に真摯に取り組めば良いのです。

どんなことでも、体が不調では、うまく進めることが来ません。
無謀、ではなく、真面目に物事に取り組み、結果に結びつけられると良いですね。


office ヒロセは、体の声を聞くことを忘れず、真面目に物事に取り組んでいきます。
?Gg[???ubN}[N??