私にしかできないこと

bistro sousouランチコンサートにて

撮影者 中野耕司

「私にしかできないこと!」
『私がやっていることは、きっと、私にしかできないこと。
私以外に、私はいないのだから、自信を持って進もう』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
私以外に私はいない、もちろん、誰だって同じ、自分と同じ人間はいないのです。
ということは、自分が考えることや行動は、自分にしかできないことです。
とても当たり前のことなのだけれど、すぐに忘れて、自分の考えや行動に自信が持てなくなってしまいがちです。

だからといって、全てを一から立ち上げなければいけないと言っているのではありません。
そんなことは、無理ですから…

誰かの意見に賛同して、一緒に動いている時でも、プログラムされたロボットのように動いているわけではないはずです。
賛同している意見に照らして、何が必要なのか、どう動くべきなのかを考えて、自分なりに判断して動いているはずです。

その判断は、自分にしかできないことなのだと、自信を持って動けば良いのです。
と、偉そうに言っている言葉は、そのまま自分に向けて言っている言葉です。

私が、歌い手だけでなく、ボイストレーニングのレッスンをするきっかけになった出来事は、ある女性グループからコーラスの指導を依頼されたことです。
それまで、コーラス指導の経験があまりなかったので、手探りで、試行錯誤をしながら、指導をし始めました。

比較的高齢の方が多かったので「声が出にくくなった」「高い音が出ない」などの悩みを聞くことが多くありました。
初めのうちは、腹式呼吸やリップロールといった、一般的な声出しの準備をしてから、歌詞の解釈や歌い方のコツを指導していました。

それを続けるうちに、多くの方が悩んでいる「声が出にくくなった」「高い音が出ない」ことの解決にはなっていないのではないかと思い始めたのです。

そう思い始めてから、文献を調べたり、治療家さんや歯科医師など異分野の方と意見交換をして「べっぴんヴォイスレッスン」の形を作ってきました。
レッスンの中で使っている、ハーティーコーラスは「声と心と体で歌う」というコンセプトで、うまく声が出せなくても歌を楽しめるようにと考えて、はせまリラックス体操は、声を出すのに必要なリラックスのために作ってきました。

と言うと、自信満々に皆さんに提案しているように聞こえますか?

今は、自信を持って提案できますが、ほんの少し前まで「私の考えることなんか、誰だって考えられる」と思っていました。
そんな私に「これは、あなたにしかできないことだね。」「こんなにいろいろ教えてくれる人はいなかった。」と多くの方に言われ、やっと、全く同じことを考えている人はいないと気づかされました。

私がやっていることは、私にしかできないことと思った時に、自信が湧いてきたのと同時に、以前よりもっと責任を感じるようになりました。
自信と責任を感じるからこそ、さらに試行錯誤を繰り返そうという、パワーにもなるのです。

どんなことでも、自分がやっていることは、唯一無二の素晴らしいことだと自信と責任を携えて進んでいけると良いですね。

広瀬まりの一つの成分は「私にしかできないことがある」
広瀬まりは、そんな成分でできています。

↓↓↓『はせまリラックス体操 指回しの歌』はこちらから↓↓↓
?Gg[???ubN}[N??