歌うことは健康になること

広瀬まり オフショット

「歌うことは健康になること」
『体も心も整えて、しっかり声を出す。
歌うことは健康になることです。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
「歌い手はアスリートです」だから、声を出すことだけでなく、体調に気をつけ、自分の体の状態を把握して、整えていかなければいけません。

そのために、私は、パーソナルトレーナーの指導を受けて、体を整えていくことにしました。
体幹を鍛える動きや代謝をあげる方法を教えていただいたり、食事や睡眠のとり方を学んで、自分も努力をし、もちろん、施術で体のバランスも整えてもらっています。

声を出す時は、リラックスし、姿勢を整え、腹式呼吸に気をつけ…
と、繰り返すうちに、体調が良くなっていることに気づきました。

しっかり声を出すために始めたことが、結果的に、心と体の健康につながったのです。

だとしたら、正しく声を出す方法を伝えることで、若々しく生き生きと元気に過ごせる人が増え、自分の足で歩き、話し、食べられる人が増えるのではないかと思いました。

実は、私の父は、病を患い、歩けなくなり、食べられなくなり、声が出せなくなり、亡くなりました。
幸い、最期は穏やかに逝きましたが、その姿を見ながら、一人でも多くの人が、最期まで、動けて、話せて、食べられたら良いなぁと考えるようになっていました。

その想いと、声を出すことが健康につながると気づいたことで、「歌うことは健康になること」なのだと思うようになり、「べっぴんヴォイスメソッド」が生まれました。

例えば、
「歌い手はアスリート」ですから、プロは、最高のパフォーマンスをするために、体幹や体のバランス、食事や睡眠、歌う技術と感性など様々なものを磨かなければいけません。
「歌うことは健康になること」ですから、健康に過ごしたい人は、笑顔で声を出し、若々しく生き生きと歌うことを大切にすれば良いのです。

目的に合わせて、べっぴんヴォイスメソッドを組み替えることで、なりたい自分に近づけるのです。

「歌はあまり好きではない」という人も、会話を楽しむために、しっかり声を出す方法を知ることは大切です。
声が通らない、滑舌が悪い、発音が悪いと悩んでいるのなら、恥ずかしがらずに、声を出してみてください。
姿勢を変えるだけでも、声の響きが変わりますよ。

恥ずかしがり屋さんのために、毎日声を出すためのお勧めを一つ。
それは『新聞の音読』です。

本を読みましょうと言ってもなかなか難しいですが、新聞なら読めるのではないかと思います。
新聞を読まない人は、アナウンサーさんの真似をして、ニュースを声に出してみてください。
毎日声を出すことで、少しずつ声が出しやすくなります。

どんな人でも、体が資本です。
「歌うことは健康になること」ですから、プロでも、アマチュアでも、何歳であろうと、正しく声を出す方法を覚えて、健康で、若々しく生き生きと過ごせると良いですね。


office ヒロセは、べっぴんヴォイスメソッドで、健康で、若々しく生き生きと過ごせるようお手伝いしていきます。
?Gg[???ubN}[N??