自分の想いとみんなの力

広瀬まりのべっぴんヴォイスレッスン

「自分の想いとみんなの力」
『想いがあっても、一人では、どうにもならないこともある。
みんなの力を借りて、想いが形にできたら、こんなに嬉しいことはない!』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
きっと、私は欲張りなのです。
欲張りと言っても「あれが欲しい、これも欲しい」と何かを買い続けるわけではなく、思いついたいろいろなことを、あれもこれも形にしたいと思う欲張りです。

私の仕事は、シンガーソングライター&ヴォイストレーナーですから、当然、声に関することが気になります。
音楽を学校で専門的に学んでいない私は、体験や必要な時にピンポイントで教えていただいたことをベースに歌ってきました。

歌い続けるうちに「学校で学んだ人に比べれば、回り道をたくさんしているけれど、その分、自分なりに考え工夫してきたことがある」と感じるようになり、そんな想いを形にしたいと思うようになっていきました。

「よく通る声で歌うためのメソッドを作りたい」と思って考え始めた『べっぴんヴォイスメソッド』は、当初、喉の開き方やお腹の使い方を伝えれば良いと思っていました。

ところが「首肩周りをリラックスするのはどうしたら良いのだろう」「体にとって正しい姿勢ってなんだろう」「発音、滑舌がうまくできないのは何故だろう」と疑問がたくさん湧いてきたのです。

疑問に思ったことは、解決しないとモヤモヤしちゃいますよね。ww
だから、リラックスの仕方や姿勢の取り方は整体の先生に聞き、発音に関係のある歯並びのことは歯科医師に聞いたりして、疑問を解決しながらメソッドを作っていきました。

自分が伝えたいことを形にしていくのですから、メソッドを考え形にしていくのは、当然私ですが、メソッドがだんだん形になるにつれて、それを伝えるために、YouTubeに動画をアップしたいと思うようになったのです。

YouTubeへの動画のアップができないわけではないのですが、編集の仕方をよく知らなかったので、友人に相談したところ、撮影と編集を担当してくれることになりました。

撮影のために、台本を作り、説明の方法を考えていくのですが、撮影が始まると「それはどういう意味?」と友人が質問する時がありました。
例えば、私が当たり前のように使っている音楽用語やこれは言わなくてもわかるだろうと端折ったところを聞いてくるのです。

改めて、人に伝えることの難しさを感じると同時に、自分だけでは考えが及ばないことがたくさんあると気付かされたのです。

これは、誰かの力を借りることの大切さが、身に染みた出来事でした。

「自分の想いとみんなの力 2」に続く??????

?Gg[???ubN}[N??