プラスの言葉にフォーカスしよう

広瀬まり誕生祭2020

撮影者 中野耕司

「プラスの言葉にフォーカスしよう」
『CDよりライブが良いね、コアなファンはそう言うでしょ。
CDが良くなかったのかしら…
ライブは良いって言ってるけど…』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
シンガーソングライターとしての「広瀬まり」は、CDを制作して、自分の想いを伝えています。

コンサートに来ていただいて、同じ時間を共有することは、とても楽しいことですが、開催場所や時間によっては、参加できない人も出てきます。
そんな時に、次のコンサートで一緒に歌えるようにCDを聴いていただいたり、気持ちを切り替えたい時にCDを聴いていただけると良いと思っています。

ただ、CDの音は、ライブと違って、綺麗ではあるけれどライブのように音圧を感じたり、何かハプニングが起こるわけではないので、ライブと同じように楽しむことは難しいのです。
それぞれに、メリット、デメリットがあるのです。

少し話はソレますが、CDは、歌手にとってとても大切な役割を担っています。
それは…
CDの音は、その曲の最高の状態を収録してあります。

どういうことかと言うと、今は、音程やリズムなどを修正することができるので「ここは、これがベスト」という状態で、編集をしていきます。
そして、出来上がったCDをお手本にして、常にそのべストな状態で歌えるように練習するのです。

プロだから常に歌えるのではなく、プロだから、常にベストの状態で歌えるように練習をしているのです。
CDは、そんな役割も担っています。

話を元に戻しますが、
先日、ある方が「面と向かって言うのもなんだけど、CDよりライブが良いわ。空気感というか、臨場感というか、CDでは、それがないもの。コアなファンって、ライブが好き、そういうことでしょ。」と言われました。

私は、コアなファンの方だからこそ言ってくださった、貴重な言葉だと感じました。
ライブにも来てくださり、CDも購入いただき、聴き比べて仰っている言葉ですから、本当にありがたいと感じたのです。

でも、言葉は、受け取り方次第では、批判されていると感じてしまうこともあります。
今回のことも「CDは、良くないってことなの!」なんて受け取っていたら、怒りが込み上げるか、落ち込むかのどちらかになってしまいます。

以前の私なら、マイナスの言葉にフォーカスする自分の思い癖にはまり込んで「CDが良くなかったのか」と落ち込んでいたかもしれません。
冷静に考えれば、CDとライブでは、それぞれにメリット、デメリットがあることは分かっているのです。

マイナスの言葉にフォーカスしてしまう思い癖を捨てて、「ライブが良い」というプラスの言葉にフォーカスして、コアなファンの方のお褒めの言葉として受け止めれば良いと、今なら分かります。

もしかすると、自分の思い癖で言葉の意味を取り違え、落ち込んでいることがあるかもしれません。
そうならないように気をつけて、嬉しい言葉をたくさん見つけられると良いですね。


広瀬まりの一つの成分は、「プラスの言葉にフォーカスする」
そんな成分で、広瀬まりはできています。
?Gg[???ubN}[N??