私が、しっかり声を出して欲しいと思う理由

今こそ元気!サビだけ英語バージョンを歌う広瀬まり

「私が、しっかり声を出して欲しいと思う理由」
『声が出せるのは幸せなこと。
しっかり声を出せる人が増えて欲しい。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
私は、シンガーソングライター&ボイストレーナーをしています。
だから、お会いする方々の声を注意深く聞く癖がついています。
声を聞くと「少し疲れているのかな」「どこか痛いところがあるのかな」と思うこともあります。
声は、その人の心と体の状態を教えてくれるバロメーターです。

多くの人は、簡単に、当たり前のように声を出していますが、正しく、無理なく声を出している人は、案外少ないのです。
「しっかり声を出しましょう」と言うと「喉が弱いから…」「歳だから…」と言われる方がいらっしゃいます。

確かに、そう言った理由で声が出しにくくなることはありますが、それを理由に声が出にくくなることを、当たり前と考えないで欲しいと思っています。

実は、そう思うきっかけになった出来事が2つあります。
1つ目は、ずいぶん以前になりますが、どこかの街で水害が起こり、バスが取り残されたというニュースがあり、屋根だけ残して泥水の中に沈んでいるバスの映像が、目に飛び込んできました。

その屋根の上には、5~6人の人が、身を寄せ合っています。
日没が迫り、救助をすることができず、その状態のまま一夜を過ごすことになった、人達は、どんな一夜を過ごしたのか…
次の日のニュースで、続報を聞くと、屋根の上に取り残された人たちは「故郷」を歌いながら、一夜を過ごしてたと言うのです。

それを聞いて、同じような災害の時にしっかり声を出せる人が一人でも多くいれば、より心強く過ごせるのではないかと思いました。
それに、自分の身に何かが起こった時に、防犯ブザーも良いけれど、それがない時は、声がしっかり出せた方が良いのではないかとも思いました。

「私が、しっかり声を出して欲しいと思う理由 2」に続く
?Gg[???ubN}[N??