憧れを持つことは素敵なこと

bistro sousou ランチコンサートにて

撮影者 中野耕司

「憧れを持つことは素敵なこと」
『あの人のように生きたい!
憧れている人を目標に、一歩一歩、自分らしく進もう!』

こんにちは。officeヒロセ代表の広瀬まりです。
「あの人、素敵!」「あの人の生き方は素敵!」と思う人って、いますよね。
キラキラとした瞳でしっかり前を向いて、自分の道を歩いている人は、本当に素敵ですよね。
そんな人に憧れを持って、「あの人のようになりたい」と思うことは、とても良いことです。

でも、「憧れの人と同じように生きたい、あの人のようになりたい」と努力しても、その人にはなれません。
人は、一人一人違うのですから「一生懸命に努力したのに同じになれない」と落ち込む必要はないのです。

それに、自分が変わっていけば、目指すものも変わっていきますから、目標にする人も、どんどん変わっていくこともあるのです。
今、自分にとって素敵だと思う人を見つけて、目標にすることで、生き生きと生きられるのなら、その方が良いじゃありませんか。

目標になる人や気になる人がいることで、そこに近づく努力、あるいは、自分との違いに気づくことができ、自分らしく進むことができるようになるのです。

人によっては、憧れの人と同じものを持ちたい、使いたいと、感じる人もいると思います。
それも、憧れの人に近づく方法で、楽しい努力ですから、生活のハリに繋がり、充実した自分らしい歩き方ができます。

いずれにしても、憧れる気持ちを大切にすることは、とても素敵なことなのです。

実は、私にも、憧れの生き方をしている人がいます。
性別も職業も違いますが、学ぶ姿勢やストイックさに憧れています。

お会いした時に、自分が考えていることを話すと、アドバイスをくださったり、時には厳しい言葉で勇気づけてくださったり「さすが!」と思うことがたくさんあります。
その方も、ご自身が取り組んでいることを話してくださるのですが、いつも、少しずつ前を歩いていらっしゃる感じで、悔しいと思ってしまいます。ww

悔しいと言っても、同じことができないことを悔しく思っているのではなく、いつも、次の目標を見据えて動いていらっしゃることが、凄い、と尊敬する気持ちとともに、自分を振り返って、できていないことを悔しく思うのです。

そのおかげで、できていないことに気づくのですから、私にとって、その悔しい気持ちは、進んでいく糧になっているのです。

できていない自分に気づくと「なんで自分はできないのだろう」と落ち込んでしまいがちですが、憧れの生き方をしている人にだって、できないことはあるはずです。
落ち込んでいる暇があったら、できていないと気づいたことに取り組み始めれば良いと思っています。

できていないことに気づき、自分ができる努力を続けていれば、キラキラと輝く瞳でしっかり前を向いて、自分の道を歩いていけるようになります。
憧れの人と同じ物を持ち、使うことで、生き生きキラキラするのも素敵なことです。

憧れの人と全く同じになることはできませんが、そこに近づく様々な努力で、キラキラと輝く自分になれると良いですね。

広瀬まりの一つの成分は、「憧れる気持ちを大切にする」
そんな成分で、広瀬まりはできています。
?Gg[???ubN}[N??