立ち位置が違えば、違う効果に気づく

リモートで解説する広瀬まり

「立ち位置が違えば、違う効果に気づく」
『子供の頃には、簡単にできたリップロール。
簡単なことでも、違う立場から見れば、いろいろな効果があることがわかる』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
私が何かを学ぶ時は、まず、体験してから考えて、そして検証することの方が多いのです。
そんな風に学んだおかげで、一つ一つのことにしっかり向き合って、考えてこられたと思っています。

体験して感じたこと、気付いたことを、専門分野だけに限らず、いろいろなことと結びつけて考えるようにしてきたおかげで、自由に発想をして、メソッドを考えることができるようになりました。
メソッドを考える過程で、「こんな効果もある、あんな効果もある」と気づいて、ワクワクして、もっともっと知りたい、学びたいと思うのです。

その中の一つに、「リップロール」があります。
リップロールというのは、子供の時によくやっていた、唇をブルブルと振るわせることなのですが、子供の時には、簡単にできていたのに、レッスンなどで「やってみてください」というと、案外できない人が多いのです。

私が、歌う前の準備としてリップロールを取り入れるようになったのは、
・声帯を温める
・口の周りのリラックスができる
と言う理由からでした。

それを続けているうちに、
・音程が取りやすくなる
・喉がリラックスできる
・安定した息がはけるようになる
・お腹の使い方の目安になる
・姿勢のチェックの目安になる…
と、初めに知っていた効果以外にも素晴らしい効果があることに気づきました。

これは、体が本当に出したがっている「べっぴんヴォイス」を磨き、思い通りの声を出す準備になるだけでなく、姿勢を整え、深い呼吸ができるようにするための準備にもなるのです。

歌う立場から見たリップロールと体と心を整える立場から見たリップロール。
同じリップロールでも、見る立ち位置が違えば、違った効果が見えてきます。

私が提案する「べっぴんヴォイスメソッド」は、良い声を出すためだけのメソッドではありません。
一つのことをいろいろな立場から検証し、実践して、声と心と体を整えていくメソッドです。

「リップロール」のように簡単な動作でも、見る立場が違えば、様々な効果に気づこことができます。
どんなことでも、いろいろな見方をするクセをつけ、楽しく学べると良いですね。

広瀬まりの一つの成分は、「いろいろな立ち位置から物事を見るようにする」
そんな成分で、広瀬まりはできています。
?Gg[???ubN}[N??