2022年2月

楽しんだもの勝ちです

心も体もリラックスコンサートin岳

「楽しんだもの勝ちです」
『勝負の勝敗は大切だけれど、それを楽しむ気持ちも大切。
結果はどうであれ、楽しんだもの勝ちです。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
どんなに小さなことでも、勝負!となれば、勝ちたいと思いますよね。
子供だって、じゃんけんに負けたり、ゲームに負けたりすれば、悔しがりますし、むしろ、子供だからこそ、純粋に勝敗にこだわります。

大人になれば、勝敗によって、様々な物が関係して、純粋に、とはいかなくなってしまいますが、それでも、勝負を楽しむ気持ちは忘れないようにできれば良いな、と思います。

実は、最近、それを強く感じる場面を見ました。
それは、北京オリンピックの女子カーリングチームが、予選リーグを敗退したと思ってインタビューを受けている時に、準決勝進出の朗報が飛び込んで来た時のことです。

驚いて、泣いたり笑ったり、大忙しの感情の中で、「あと2回試合ができる、嬉しい」と行った選手がいたのです。
「準決勝に出られる、嬉しい」ではなくて「あと2回試合ができる、嬉しい」なのです。

もちろん、準決勝に出られることは嬉しいのでしょうが、咄嗟に出た言葉が、試合に出られる喜びだったことに、驚きました。

そして、どんなに不利な状況の時でも、チームメイトがミスショットをした時でも、笑顔を絶やさない彼女たちは、本当にカーリングが好きなのだなあと感じました。

試合の結果は、銀メダルという素晴らしい成績でしたが、やはり、金メダルが取れなかったことは悔しいと言っていた彼女たち。

でも、試合ができることが嬉しいと言っていた彼女たちは、その悔しい結果を悲観することなく、次への糧にしているように見えました。

もし、「準決勝に出られる、良い成績が残せるかも…」と考えていたとしたら、最後の試合に勝てなかったことに落胆して、次への糧にするには時間がかかってしまったかもしれません。

良い結果だけを期待せず、試合できることを楽しみ全力を尽くしたからこそ、悔しい結果も悔しさと共に受け入れ、素早く次への糧にすることができたのです。

もちろん、勝負事の勝敗は大切です。

結果だけでなく、勝負そのものを楽しむ気持ちを忘れずに取り組めば、次のステップへのきっかけや糧を手に入れやすくなります。

そして、楽しむ気持ちは、リラックスして力を発揮する原動力になります。
どんなことでも、楽しんだもの勝ち!

どんなことも、結果だけにこだわらず、楽しむ気持ちも大切にできると良いですね。

広瀬まりの一つの成分は、「楽しむ気持ちを忘れない」
そんな成分で、広瀬まりはできています。

できる!と言い切るマインドを大切にする

たった10秒で最強の第一印象を作る zoomセミナー

「できる!と言い切るマインドを持つ」
『できる!と自信を持って言い切ることは、なかなか難しい。
でも、できる!と言い切るマインドを持つことは大切。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
どんなことでも、「私、できます!」と自信を持って言い切ることは、なかなか難しいものです。

「失敗したらどうしよう」「できるかどうか分からないし…」
と、いろいろなことが頭を巡り、不安が先に立って、自信を持って「できる!」と言い切ることができなくなるのです。

ドラマのように「私、失敗しないので!」と常に言い切れる人もいるかもしれませんが、多くの人にとっては、自信を持って「できる」と言い切ることは、とても難しいことです。

でも、ドラマで「私、失敗しないので!」と言っている外科医さんは、100%の自信で、その言葉を言っているのでしょうか…

私には、100%の自信を持って、言い切っているようには聞こえません。
なぜなら、その外科医さんが手術に臨む前には、何度もシミュレーションを重ね、あらゆる事態を想定し、準備をしている姿があるからです。

自信がないから、必死で準備をしているわけではなく、自分の自信を裏付けるために、準備を怠らないのです。
ということは、「100%の力を発揮する準備をして、臨みます。だから任せてください」と言っているのです。

これは、ドラマの中だけの話ではありません。

命に関わるような場面ではありませんが、私も、初めての仕事をお受けする時は、「できます」と言いながら、大丈夫かなと、ドキドキすることがあります。
それは、自信が全くないということではではありません。

初めて取り組む仕事だから、ご要望にお応えできるかどうか不安を感じているのです。
だから、その不安を払拭するだけの準備をすると決めて、「できます」とお受けするようにしています。

さまざまなことを想定して準備をしていくうちに、不安だったことがワクワクすることに変わっていきます。

当日、ミスをすることがあるかもしれませんが、それでも、準備をしておけば、フォローができます。

そんな風に考えるようになってからは「できる!」と言い切るマインドを大切にして、仕事をお受けして、準備を怠らないようにしています。

それに、よく考えたら、今までの仕事とは全く違ったこと、例えば「100mを10秒で走ってください」とか「バスケットボールの試合に出てください」という依頼をされたら、即座に断ります。
だって、絶対にできないことですから。

どんなに小さなことでも、取り組む時に不安になるということは、できる自分に期待している証拠です。

自分自身の期待を裏切ることなく「できる!」と言い切るマインドを大切にする、
そして、期待の裏返しの不安を払拭する準備をして、進んでいけると良いですね。


広瀬まりの一つの成分は、「できる!と言い切るマインドを大切にする」
そんな成分で、広瀬まりはできています。

自分のフィルターで聞くのはやめよう

20211225CD発売記念 クリスマスコンサート

撮影者 中野耕司

「自分のフィルターで聞くのはやめよう」
『誰かと話す時は、自分のフィルターに気をつけよう。
自分にとって重要なものが相手にとっても重要だとは限らないから。』

こんにちは。office 代表の広瀬まりです。
誰かと話をしている時、勘違いをしたり、早とちりをしたりすることがあります。

それがきっかけで、強い言葉を返してしまい、険悪な感じになったり、呆れられたり…
私にも、そんな経験があります。

そんな時には、「こんな流れになるだろう」とか「賛成してくれるくれるだろう」といった、自分勝手なフィルターを通して話を聞いているのです。

さらに、話し出す前から「この人の意見は自分には合わない」などと思っていては、そもそも、聞く姿勢もできていないことになります。

いずれにしても、自分の思いや考えが先に立っていては、相手がどんな話をしても、それを受け取ることができないのです。

もちろん、相手が話すことを100%正確に受け取ることはできません。
それは、自分にとって、とても重要なことであっても、相手にとっては、どうでも良いことかもしれないし、その反対かもしれないからです。

だとしたら、自分の思いのフィルターを通して、相手の話を聞いていては、どんなに自分にとって有益な話でも、耳に入ってこなくなってしまいます。
こんなにもったいないことはありません。

もしかすると、自分の知らない世界へ飛び込むきっかけになるかもしれない…
もしかすると、今抱えている問題を解決するきっかけになるかもしれない…

そんな言葉を聞き逃してしまっているかもしれないのです。

以前、和裁の教員をしていた時、学校の事務長との会話で、私が言葉の意味を取り違え、解雇されると勘違いしてしまったことがあります。

そう思った瞬間から、丁寧に勘違いを正そうとしてくださる事務長の言葉が、頭を素通りする状態になってしまい、感情に任せて、話してしまったことがあります。
細かい内容は忘れてしまいましたが、全くの勘違いで、解雇どころか、次年度へ向けての提案をされただけのことでした。

もし、冷静に、聞き直していたら、感情をむき出しに言葉を発することもなく、事務長に貴重な時間を使わせてしまうこともなかったのだと反省しました。

その時は、笑い話ですみましたが、自分のフィルターを通して話を聞くことが、いかに危険かを気付かされた経験です。

人は、十人十色、いろいろな考え方、感じ方を持っています。
それはとても素敵で、大切なことです。

だからこそ、お互いの意見を尊重し、自分のフィルターだけを大切にすることなく、楽しくお話ができると良いですね。

広瀬まりの一つの成分は、「自分のフィルターだけを大切にしない」
そんな成分で、広瀬まりはできています。