楽しんだもの勝ちです

心も体もリラックスコンサートin岳

「楽しんだもの勝ちです」
『勝負の勝敗は大切だけれど、それを楽しむ気持ちも大切。
結果はどうであれ、楽しんだもの勝ちです。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
どんなに小さなことでも、勝負!となれば、勝ちたいと思いますよね。
子供だって、じゃんけんに負けたり、ゲームに負けたりすれば、悔しがりますし、むしろ、子供だからこそ、純粋に勝敗にこだわります。

大人になれば、勝敗によって、様々な物が関係して、純粋に、とはいかなくなってしまいますが、それでも、勝負を楽しむ気持ちは忘れないようにできれば良いな、と思います。

実は、最近、それを強く感じる場面を見ました。
それは、北京オリンピックの女子カーリングチームが、予選リーグを敗退したと思ってインタビューを受けている時に、準決勝進出の朗報が飛び込んで来た時のことです。

驚いて、泣いたり笑ったり、大忙しの感情の中で、「あと2回試合ができる、嬉しい」と行った選手がいたのです。
「準決勝に出られる、嬉しい」ではなくて「あと2回試合ができる、嬉しい」なのです。

もちろん、準決勝に出られることは嬉しいのでしょうが、咄嗟に出た言葉が、試合に出られる喜びだったことに、驚きました。

そして、どんなに不利な状況の時でも、チームメイトがミスショットをした時でも、笑顔を絶やさない彼女たちは、本当にカーリングが好きなのだなあと感じました。

試合の結果は、銀メダルという素晴らしい成績でしたが、やはり、金メダルが取れなかったことは悔しいと言っていた彼女たち。

でも、試合ができることが嬉しいと言っていた彼女たちは、その悔しい結果を悲観することなく、次への糧にしているように見えました。

もし、「準決勝に出られる、良い成績が残せるかも…」と考えていたとしたら、最後の試合に勝てなかったことに落胆して、次への糧にするには時間がかかってしまったかもしれません。

良い結果だけを期待せず、試合できることを楽しみ全力を尽くしたからこそ、悔しい結果も悔しさと共に受け入れ、素早く次への糧にすることができたのです。

もちろん、勝負事の勝敗は大切です。

結果だけでなく、勝負そのものを楽しむ気持ちを忘れずに取り組めば、次のステップへのきっかけや糧を手に入れやすくなります。

そして、楽しむ気持ちは、リラックスして力を発揮する原動力になります。
どんなことでも、楽しんだもの勝ち!

どんなことも、結果だけにこだわらず、楽しむ気持ちも大切にできると良いですね。

広瀬まりの一つの成分は、「楽しむ気持ちを忘れない」
そんな成分で、広瀬まりはできています。
?Gg[???ubN}[N??