お知らせ

童謡ってすごい!

中山道鵜沼宿脇本陣 童謡コンサート

「童謡ってすごい!」
『童謡を歌うと、声を出す基本や滑舌、情景をイメージする練習ができる。
童謡ってすごいね。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
「童謡」と聞くとどんなことをイメージしますか?
と、質問すると「子供の歌」「誰でも歌える歌」「覚えやすい歌」という答えが返ってきます。

確かにその通り、子供でも覚えやすい歌で、簡単に歌える歌なのです。
でも、歌詞の意味を考え、安定した声で、気持ちを込めて童謡を歌おうとすると、こんなに難しい歌はないのです。

私が、童謡は難しいと思ったきっかけは、コンサートで、童謡を歌うために練習をしていた時に、「お腹が休む暇がない」と感じたことでした。
どういうことかというと、声を出す時は、腹式呼吸で息を吸い、お腹に力を入れて、安定した息を吐き出すことが、よく通る声を出すコツなのです。
特に歌うために声を出す時は、それをしっかりやらないといけないのですが、童謡を歌う時は、他のジャンルの歌よりも、お腹を意識しないと安定した声が出せないのです。

それを感じて、童謡は、安定した声を出す練習にぴったりだと気づきました。
そして、少ない言葉で作られた歌詞から、歌う時のイメージを作る練習にもなるとも思いました。
さらに、強弱の付け方が分かりやすいメロディーだったり、歌によって声色を考えたり…
声を出すため、歌うために必要な練習が、しっかりできるのは、童謡なのです。
ですから、私の基礎レッスンは、童謡を中心に行っています。
それを踏まえることで、カラオケで歌いたい歌も早く上達します。

また、童謡は、解釈によって、まったく違った感情で歌うことになる場合があります。
?しゃぼん玉飛んだ 屋根まで飛んだ 屋根まで飛んで 壊れて消えた?と歌う「しゃぼん玉」という歌があります。
「子供がしゃぼん玉で遊んでいる様子を歌っている」と解釈すれば、楽しげに歌うでしょうし、真偽のほどは分かりませんが、「作詞者の野口雨情が幼くして亡くなった娘のことを思って作った歌」と解釈すれば、悲しげに歌うことになります。
どちらの解釈で歌っても、自分の思いで歌うのであれば、間違いではないはずです。

最近では、あまり歌われることがなくなった童謡ですが、私は、少しでもたくさん歌っていきたいし、学びたいと思っています。
時には、童謡を歌って、その素晴らしさに触れてみませんか。

童謡を歌って、しっかり声を出して、ストレスの発散や姿勢を整えることにつなげられると良いですね。

office ヒロセは、童謡を基礎にして、歌う楽しさや技術、姿勢や呼吸について伝えて、歌うことは健康につながることを伝えています。

工夫する気持ちを忘れずに

ハンカチで作った簡易マスク

「工夫する気持ちを忘れずに」
『一つの道具は、一つの使い方しかできないだろうか。
少し工夫をして、代用を考えるのも楽しい。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
世の中には、便利な道具がたくさんあります。
最近は、一つの機能に特化した道具もたくさん見かけますが、多くの道具は、いくつかの使い方ができるはずです。

例えば、鍋は、煮炊きをする道具ですが、行儀の悪さを考えなければ、そのまま、器としても使えます。
水を溜めたり、なにかを入れて重くしておけば、重石としても使えます。
「鍋は、煮炊きをする道具」のように、一つの使い方しかないと考えていると、柔軟な発想ができず「道具がないからできない」と、できるかもしれないことを諦めてしまうことになってしまいます。

それは、どんなことでも一緒で、一つの見方だけにとらわれていると、それだけが正しいように思え、他の見方が悪いことのように感じてしまいます。
確かに、一つしか方法がないと感じる時もありますが、それでも、見方を変えて工夫をする姿勢は大切にした方が、できることの可能性が広がるのです。

それを教えてくれたのは、母です。
時代が違うと言えばそれまでですが、母が生きてきた時代は物に溢れた今とは違う時代です。
ある意味、工夫をすることが当たり前だったのかもしれませんが、発想力の豊かさに、驚かされることが何度もありました。

もしかすると、今は、娘が私に対して、同じように感じているかもしれません。
私が過ごしてきた時代も、今ほど便利な物がなかったわけですから、娘よりは、工夫することをしてきたはずですから…

便利になる、便利な道具が悪いと言っているのではありません。
「これは、この使い方しかない。」「これがなきゃ、できない。」と諦める前に、少し工夫をすることを考えると良いと思います。

一つの見方、方法にとらわれ過ぎず、工夫する気持ちを忘れずにいられると良いですね。

office ヒロセは、便利なものは活用しながら、工夫することを忘れないようにしています。

明日を信じて動こう

はっせーとデュエット

「明日を信じて動こう」
『一寸先は闇、明日はどうなるかわからないという人がいる。
たとえそうだとしても、明日はもっと素敵だと信じよう。
明日を信じて動けば、きっと素敵な今日になる。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
「明日は何が起こるかわからない。」と言われることがあります。
それを、悲観的に考えるのか、楽観的に考えるのかは、一人一人の自由です。

悲観的に考えれば、どうせ良いことなどやって来ないだろうと、自暴自棄になってしまうかもしれません。
楽観的に考えれば、やっと、夢が叶うかもしれないとワクワクするかもしれません。
どちらにしても、今日が終われば、明日はやってくるのですから、楽しい明日を信じて、今日を過ごしたいと思います。

何かのドラマで、「人生に遅すぎるなんてことはありません。明日死ぬとしても、今日から始めてはいけないと誰が決めたのですか?」という台詞がありました。
それは、年齢を理由に、明日を悲観し、諦めていた人に向けられた台詞ですが、誰だって、明日、どうなるかは分かりません。

でも、だからといって、諦めていては、何一つ楽しいことなど無くなってしまいます。
悲観して、下を向いて、トボトボと歩くより、明日は、今日よりきっと素敵な日になると信じて、顔を上げて歩けば、今日が辛くても踏ん張る力が出ます。

私は、「いつも元気だね~。顔を見ると元気になれる。」とよく言われます。
きっとそれは、明日はもっと楽しくなる、そのために今日があると思っているからだと思います。
そんな私でも、しんどい時があります。

最近は、身体中の痒みと闘っていますww
アレルギー何なのか、よくわかりませんが、とにかく、痒みと掻き壊しの痛みで、気づくと歯を食いしばっている時があります。
そんな時の自分には「今日がピーク、今日がどん底、明日から快方に向かう」と言うのです。
本当は、そうではないのかもしれないけれど、そう信じて、対処法を考え、明日に向かおうと思うのです。

誰にだって辛いことはあります。
辛い時は、誰かを頼ったり、その場を退いたりすれば良いのです。
ただ、明日は、必ず今日より素敵な日になると信じて、動いて欲しいのです。

明日を信じて、今日を素敵に過ごせると良いですね。

office ヒロセは、楽しい明日を信じて動いています。

一生懸命ってカッコイイ!

bistro sousouランチコンサートにて

撮影者 中野耕司

「一生懸命って、カッコイイ!」
『結果も大切だけれど、一生懸命に取り組む姿は、カッコイイ!
斜に構えて眺めているより、カッコイイ!』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
一生懸命何かに取り組む姿はとってもカッコイイと思います。
それが、どんなに拙い感じであったとしても、少し失敗したとしても…
結果はどうであれ、一生懸命に取り組んだ結果は、周りにも勇気や希望を与えるものだと思います。
斜に構えて、不平不満を繰り返し言うだけで、何もしないよりは、たとえ結果が良くなくても、一生懸命取り組む姿は、本当にカッコイイと思います。

先日、知人があるセミナーを開催しました。
以前、その方とお話ししたことに関わるセミナーだったので、参加させていただきました。
セミナーといっても、堅苦しい感じのものではなく、参加者は20名ほどの和気あいあいとした雰囲気で、パネリストさんも参加者も自分の意見を気軽に話せるような会でした。

知人は、こういった会を催すのは初めてらしく、司会進行から、セミナーの後の懇親会の会場の手配まで、それこそ孤軍奮闘の大活躍でした。
一生懸命に動く知人の姿を見て、この会を本当に開催したかったのだなという思いが伝わってきました。

その思いは、当然、私だけでなく参加者された皆さんにも伝わって「よくぞこの会を開いてくれた」「次回はいつにしよう」「今度は僕も手伝わせてほしい」と、次回に対する期待や協力の声が上がりました。
一生懸命に取り組む姿が、周りに伝わり、協力する人が増えていく、そんな素敵な場面に立ち会わせてもらいました。
もちろん、自分にできる事は手伝わせていただきたいとも思いました。

もし知人が、「一人では無理だから…」と躊躇していたら、この素敵なつながりは、生まれてこなかったのです。
それに、会の進め方は、孤軍奮闘していたこともあり、少し危なっかしいところはありましたが、それを責めるのではなく、次回は協力しようと考えていらっしゃる参加者の皆さんの姿もとても素敵だと思いました。

どんなことでも、初めの一歩を踏み出すのは難しいものですが、それを踏み出し、一生懸命に動く姿は心に響き、とても格好良く人の目に映ります。
もちろん、動いている本人はそんなことは考えていないと思います。
それだからこそ、人の心に響き、次の一歩を踏み出す原動力になるのです。

一生懸命何かに取り組む姿勢を忘れず、一生懸命な姿に呼応できる自分でいられると良いですね。

office ヒロセは、一生懸命に取り組むこと、それをお手伝いできる幸せを感じながら進んでいます。

話をしっかり聞こう!

べっぴんヴォイスコンサートより

「話をしっかり聞こう!」
『人の話は、しっかり聞こう。
自分の思いも大切だけど、まずは、しっかり聞いてみよう。
新しい発見があるかも知れない。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
「自分の思いは大切にしなければいけない」と、いつも思います。
でも、それは、人の話を聞かなくても良いということではありません。
「自分の思いだけを話し続け、人の話には耳も貸さない。」あるいは、「最後まで話を聞かず、言葉を遮って反論をする」といった行動をとり続ければ、自分の思いを聞いてくれる人もいなくなってしまいます。

自分の思いを聞いて欲しければ、人の思いもしっかり聞いて、一度、自分の中で咀嚼してから賛同するなり反論するなり、自分の行動に移せば良いと思います。
もしかすると、聞いている話の中に自分の思いと重なるところがあって、新しい価値観や発見があるかもしれません。

自分の思いの中だけにいると、視野が狭くなっていきがちです。
いろいろな思いを聞くことで、自分の思いも変化したり成長していけるのです。

私は、人一倍強い思いを持っていると思っています。ww
「歌いたい」思いで歌い始めた私ですが、コーラス指導や講師をさせていただくうちに、自分が歌うだけでなく、リラックスして声を出し、「息を活かして、粋、生きと」生きるお手伝いがしたいと思うようになりました。

音楽仲間や他の分野の方々との交流、生徒さんとの会話の中から共感する思いを積み重ねて、「歌いたい」という思いが少しづつ形を変えながら、より強い「歌いたい」思いを持つようになったのです。
それは、自分の思いだけに終始せず、いろいろな思いを聞き、考えてきた結果だと思っています。

自分の思いを大切にしたいと思えば、きっと、他の思いもしっかり聞くことができ、大切にすることができると思います。
それぞれの思いの中に、自分の思いに通じる新しい感覚を見つけることもできます。

思いをよく聞き合い、お互いの思いを大切にしあえると良いですね。

office ヒロセは、それぞれの思いをしっかり聞いて、進んでいきます。

歯科医と歌い手に共通点?!

歯科医と歌い手の お!口の話



「歯科医と歌い手に共通点?」
『専門分野が違っても、身体に関することでの繋がりがある。
お互いの専門分野からお話しする、身体のこと。
楽しく学べる時間を創ります。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
一見、お互いに関係のない職業のように思える「歯科医」と「歌い手」
本人自身が思いもよらなかった接点に気づきました。
それは、『健康に過ごすために様々な提案をしている』という接点です。
「歯科医」は、口の中の状態を良い状態に保つ提案を、「歌い手」は、呼吸や姿勢、発音の提案をしています。

その二人が、楽しく学べる会【お!口の話】を開催します。
「歯科医」は各務原にある、都クリニックの羽田朝己先生、「歌い手」広瀬まりです。

「歯が悪くなると認知症になる?!」「腹式呼吸でリラックス!!」「はひふへほ体操」「ハーティーコーラスで『故郷』を歌おう!」など10分くらいに区切ってお話しします。
どなたでも参加ができますが、20名限定のため申し込みが必要です。
詳細は…

【歯科医師と歌い手の『お!口の話』】
日にち2019年5月19日(日)
場所都クリニック(各務原市鵜沼羽場町5丁目52-1)
時間13:00開場13:30開演
定員20名(要予約)

お問い合わせ・申し込みは、
office ヒロセ
050-3576-1151
utapro21@gmail.comまで。

楽しく学んで、健康に!

office ヒロセは、分野に関係なく、良いと思うものを取り入れていきます。

周年グッズ 企画・製作 を承りました!





各務原市にある 長谷川整体様から「患者さんに、開院2周年の感謝を表すグッズを企画して欲しい」との依頼をうけました。
長谷川先生の「気温差が激しい季節は、体調を崩しやすい。」「疲れが取れにくい。」のお話から、その意向を汲んだ提案をさせていただきました。
提案に沿ったグッズをセレクトして、パッケージングしました。
先生には、大変喜んでいただきました。

緊張も良いものだ!

come to ku 音楽会

「緊張も良いものだ!』
『時には、緊張するのも良いものだ。それは、真剣に向き合っている証。
時には、緊張するのも良いものだ。それは、次のリラックスに繋がる。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。
人前で話をする時などは、緊張しますよね。
「緊張するから、人前で話すのは嫌だ。」と言われる方もありますが、時には、緊張するのも良いと思います。

なぜかと言うと、緊張するという事は、そこにきちんと心を置いていることだと思うからです。
それがどうでもいいことであれば、緊張することなく行動できるはずです。
時には緊張して、その次にやってくるリラックスを感じることも大切だと思います。
しんどいことがあるから、楽しいことがより強く感じられるのと同じように、緊張があるからリラックスする時間が貴重なものだと感じられるのだと思います。

私はよく「緊張なんてしないよね」と言われます。
リラックスして歌っているように見えているのであれば、とても良いことなのですが、適度に緊張はしているのです。
不思議なもので、練習が足りている時は、舞台の袖で緊張しています。
逆に、練習が足りていないと舞台袖では落ち着いているのに、ステージに上がった途端、舞い上がってしまうのです。ww
舞い上がらないように、適度な緊張を忘れないようにしています。

緊張の中に身を置いた後のリラックスは、充実感や満足感や様々な感情を連れてきてくれます。
緊張とリラックスがあるからこそ、心が動き、様々な感情を感じられるのです。
心が動くというのはとても大切なことです。
時には緊張感を味わって、リラックスした時の心の動き、感情を味わえると、良いですね。

office ヒロセは、適度な緊張感を忘れずに仕事をしています。

Webサイト開設のお知らせ

日頃は、広瀬まりの応援をありがとうございます。

この度、officeヒロセのWebサイトを開設いたしました。

より一層の内容充実に努めてまいりますので、
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

広瀬まり


◎謡い手・語り部 広瀬まりの活動は、
↓下のリンクをクリックすると見ることができます↓

※marippeTV登録
https://www.youtube.com/c/marippetv

※歌い手 広瀬まり(Facebookページ)
https://www.facebook.com/hirosemari21

※Instagram
https://www.instagram.com/marifun.club/?hl=ja

※ Twitter
https://mobile.twitter.com/marippe0202

※Google+
https://goo.gl/iUidAf


◎広瀬まりのべっぴんヴォイスメソッドの活動は
↓下のリンクをクリックすると見ることができます↓

※YouTubeチャンネル
https://goo.gl/paMiVQ

※Facebookページ
https://www.facebook.com/beppinvoice/

※Instagram
https://www.instagram.com/office.hirose/?hl=ja

※Twitter
https://twitter.com/beppinvoice

※Google+
https://goo.gl/M8W4sb

登録していただけると、張り合いになります!!