べっぴんヴォイス

オンラインで声美人・声美男子になる!?

べっぴんヴォイスレッスン オンラインで声美人になるコツ

「オンラインで、声美人・声美男子になる!?」
『オンラインで聞き取りにくいと言われたら…
これに気をつければ良いのです。
気をつけることが分かれば、即解決です。』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬です。
最近、「オンラインで話をする時、声が聞き取りにくいと言われ困っている。」と相談されることが多くなりました。

対面して話をしている時には、あまり言われたことがないからと、少なからずショックを受けていると、落ち込んでいる人もいらっしゃいます。

直接会ってお話しする時は、相手との距離も近いし、表情もよく見え、たとえ聞き取れなかったとしても、前後の文脈から想像することができるかもしれません。
オンラインでの会話でも、1対1なら、直接会っている時のように話せると思います。

でも、たくさんの人が参加する会議などでは、はっきりと表情が見えないこともあり、より、内容が掴みにくくなってしまいます。
それに加えて、回線の都合や、声そのものが聞き取りにくいと感じることも多くなってしまうのです。

回線の都合は仕方がありませんが、オンラインで、声が聞き取りにくいと言われてしまう原因は、何だと思いますか。

その原因は、「声に芯があるかどうか」ということです。
わかりやすく言えば、マイクがしっかりと拾う声かどうか、ということです。

こんな風に言うと「私は、大きな声が出ないから、聞き取りにくいのね」と思うかもしれませんが、声の大きさが原因ではないのです。

もちろん、小さい声より大きい声の方が、マイクは、よく拾ってくれますが、声の大きさが原因だとしたら、声が小さい人は、オンラインでの会議で、ずっと、怒鳴るように話さなければいけなくなります。

実は、声に芯があるかどうかは、声の出し方で変わってきます。
しっかりお腹から声が出ていれば、小さい声でも、マイクは拾ってくれます。

お腹から声を出す練習は…
腹式呼吸で、しっかり息を吸って…と、オンライン会議のためだけに、声出しの練習するなんて、なかなかできませんよね。

そこで、オンラインで、声美人、声美男子になれる、簡単な方法をお伝えします。
気をつけることは、姿勢と笑顔の2つです。

1、まず、椅子に座って、お尻の下に手を入れ、手に当たる骨を確認する
2、その骨を、真っ直ぐ椅子に突き刺すようなイメージで、座り直す
3、次に、笑顔を作る
(笑顔が作りにくい人は、べっぴんヴォイスレッスンの「印象の良い笑顔の作り方」を見てください。)

この状態をキープしながら話せば、聞き取りやすい、明るい声で話すことができます。
笑顔も意識しているので、見た目の印象も良くなります。


次回のオンライン会議で、試してみてください。

動画は、こちらからご覧ください。
↓ ↓ ↓